1. 附属姫路中学校 >
  2. 学校生活 >
  3. 修学旅行(高校) >
  4. これまでの修学旅行(中高一貫コース高校2年) >
  5. 2019年度修学旅行(高校) >
  6. (高校2年)2019年度「東北修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子|ワークショップと南三陸鉄道震災学習他

(高校2年)2019年度「東北修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子|ワークショップと南三陸鉄道震災学習他

2019年10月22日(火)~23日(水)

ワークショップの様子

  2019年10月22日(火)から25日(金)にかけて、「東北修学旅行」に参加する中高一貫コース高校2年生の様子をお伝えします。修学旅行では、中学校入学以来、 キャリア・フロンティアプログラム で継続してきた震災学習の一環として、南三陸町および三陸海岸を訪問します。東日本大震災の復興に携わる方々の経験を通して、日常の防災に対する意識を高めます。また、東北の歴史・文化・自然に直接触れ、さらに知見を広めていきます。

 今回は修学旅行1日目の夜に行った震災講話、ワークショップと2日目の南三陸震災学習プログラムの様子です。

2019年10月22日(火)1日目 夕食後

震災学習・ワークショップ

ホテル観洋第一営業次長で防災士の方による講話

講師による講話 講師による講話

 夕食後、ホテル観洋で震災学習とワークショップにのぞみました。はじめに講師(ホテル観洋第一営業次長、防災士)の方から、震災とは「…のはずじゃなった。じゃなかったはず。」の連続であるので、想定外をいかに想定するのかが大切であるというお話をいただきました。

地元の小学6年生による自分にとっての震災の意味について発表を聞く様子

小学6年生の発表 小学6年生の発表

 続いて地元の小学校6年生に、南三陸町そして自分にとっての震災の意味をまとめた発表をしてもらいました。3分間という限られた時間の中で要点を鮮やかにまとめた発表に、全員が聞き入っていました。

防災ワークショップ

ワークショップの様子 ワークショップの様子

 その後、地元の小・中・高校生6人にグループに入ってもらい、最初に地元の生徒たちに自分たちの被災体験を語ってもらいました。その後、「避難生活で必要なものは?」「避難してきた外国人の方を支援するのに必要なものは?」というテーマで、一緒にワークショップを行いました。次々とアイデアが出てくる様子や、地元の生徒たちに本校生が積極的に質問している姿をみて、講師の方からも「昨年よりもさらに磨きのかかったすばらしいワークショップでした」と高い評価をいただきました。さらに「これからも防災の意識を常に心の片隅にとどめて、日常生活を大切に過ごしてください。そして災害時には自分から動ける人になってください。」と熱いメッセージもいただきました。

代表生徒のあいさつと集合写真

代表生徒のあいさつ 集合写真

2019年10月23日(水)2日目

朝食、南三陸ホテル観洋退館式

朝食 退館式

 2日目は朝食、そして退館式をすませたあと予定通りにホテルを出発しました。

さんさん商店街での追悼セレモニー

献花式 献花式

その後、さんさん商店街の献花台前で追悼セレモニーと献花式を行い、全員で東日本大震災の犠牲者の方々に哀悼の意を表しました。

陸前高田市の「奇跡の一本松」、震災遺構などの車窓

奇跡の一本松 震災遺構

 セレモニー終了後、お世話になった南三陸町をあとにし、三陸鉄道リアス線の盛(さかり)駅に向かい、途中、陸前高田市の「奇跡の一本松」や校舎が完全に水没した気仙中学校の震災遺構なども車窓から見学しました。

三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム

三陸鉄道 三陸鉄道プログラム

車窓 あいさつ

 盛駅からは三陸鉄道に乗車し、車内で「椿の里・大船渡ガイドの会」のボランティア・ガイドさんからのお話をうかがいました。車窓からみえる景色をみながらお話を聞くことで、生徒たちは被災・防災についての学びをより深めていました。「山や高いビルがあるからといって、津波で命が助かるわけではない。人間の正しい判断、行動がなければ人を助けることはできない」という言葉には、経験者でなければ語れない重みを感じました。 

遠野ふるさと村

遠野の名物ジンギスカンの昼食

ジンギスカン ジンギスカン 

 その後、釜石駅からバスに乗車し、13時前に遠野ふるさと村に到着しました。ふるさと村の昼食は遠野の名物ジンギスカンでした。ふるさと村の支配人さんから遠野の人たちがいかにジンギスカン料理にこだわりを持っているのかというお話をうかがったあと、本場のジンギスカンを楽しみました。

古民家での遠野の昔話

遠野昔話 遠野村

集合写真 遠野村

 昼食後、ふるさと村の古民家に移動し、遠野に伝わる昔話を、遠野の方言でお話しいただきました。生徒たちは、標準語訳をみながら、わからない方言にも懸命に耳を傾け、東北の伝統の一端にふれていました。その後、思い思いに村内を散策し、日常ではあまり感じることのない、ゆったりとした時間の流れを感じとっているようでした。

ホテル花巻入館式

入館式 夕食

  16時前にふるさと村を出てホテル花巻に着くと、大勢の方々がわれわれを出迎えてくれました。その後、入館式をすませました。

夕食

夕食 夕食

 食べきれないくらい豪華な夕食をいただきました。少し疲れがみえる生徒はいますが、全員がここまでしっかりと行程をこなしています。

 次回は10月25日以降に、3日目の様子を公開する予定です。

別日の様子

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント