1. 附属姫路中学校 >
  2. 学校生活 >
  3. 修学旅行(高校) >
  4. これまでの修学旅行(中高一貫コース高校2年) >
  5. 2019年度修学旅行(高校) >
  6. (高校2年)2019年度 東北の防災、震災、文化についての調査およびレポート作成と東北修学旅行の概要説明

(高校2年)2019年度 東北の防災、震災、文化についての調査およびレポート作成と東北修学旅行の概要説明

レポート作成指導の様子

 キャリア・フロンティアの一環で東北の防災・震災関連および文化について調査をし、レポートを作成しました。合わせて3泊4日で行う東北修学旅行の概要について説明しました。

2019年9月18日(水)

レポート作成と説明の様子

図書館での調べ学習 レポート作成についての説明

レポート作成についての説明 レポート作成について説明

 中高一貫コース主任が、修学旅行で訪れる場所で震災・防災関連とそれ以外で各一つテーマを決定し、B5もしくはA4用紙に1ページずつにまとめレポートを提出するように説明しました。

テーマ例

震災・防災関連
  • 南三陸町(被災状況、復興状況)、震災遺構(南三陸町の旧防災対策庁舎、奇跡の一本松など)、ホテル観洋と震災、南三陸鉄道(被災状況、復興状況)
東北の自然と文化
  • 遠野、中尊寺、八幡平、奥入瀬渓流、ねぷた(ねぶた)祭り、わんこそば、青森のりんご、東北の米(青天の霹靂、秋田こまち)

東北修学旅行の説明

概要説明の様子 ホテル観洋でのワークショップ

三陸鉄道震災プログラム 出発までのスケジュール

修学旅行の目的

  • 中学校入学以来、キャリア・フロンティアで継続してきた震災学習の一環として、南三陸町および三陸海岸を訪れ、東日本大震災の復興に携わる方々の経験を通して、日常の防災に対する意識を高める
  • キャリア・フロンティアで積み重ねてきた地域研究の手法を用いて、東北の歴史・文化・自然についての理解を深め、知見を広げる
  • 宿泊をともなう集団生活の中で、自主性・自律性のさらなる向上を図り、社会の一員としての自覚を深めるとともに、周りの人に対する思いやりの心を育てる。

これまでの震災学習のふり返りと旅行行程の説明

 中学1年生での阪神・淡路大震災を題材としたドラマの鑑賞、中学2年生での淡路野島断層保存館の見学と語り部の方による講話、中学3年生での講師を招いた防災ワークッショップを行ってきたことを確認し、当時の感想文を読むことで、中学校での震災学習をふり返りました。

 これまでの震災学習とリンクさせ、東北修学旅行では南三陸町での震災講話・献花式、旧戸倉中学校の見学、ホテル観洋で地元の高校生と行う防災ワークショップ、三陸鉄道震災学習プログラムを実施すると説明しました。また、遠野ふるさと村、中尊寺、東屋本店(わんこそば)、八幡平散策、奥入瀬散策、黒石観光リンゴ園、津軽ねぶた村を訪問し、東北の自然と文化を学ぶ修学旅行になります。また、ホテルを貸し切ってレクレーションを行う予定です。

2019年10月2日、9日(水)

レポート作成の様子

レポート作成の様子 レポート作成の様子

作成したレポート

画像をクリックすると拡大できます。

作成したレポート

 作成したレポートは修学旅行のしおりに綴じて、旅行に持参します。

別日の様子

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント