1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 第8回中学校入学式を挙行しました

第8回中学校入学式を挙行しました

2021年4月9日(金)

校門前記念撮影  祝電掲示

 新入生を歓迎するような晴天のもと、第8回入学式を挙行し、新入生を迎えました。校門では晴れやかな笑顔で記念撮影をする姿が多く見られました。ロビーには多くの祝電が飾られ、卒業した小学校からのメッセージを見つけて保護者と喜びを分かち合っている姿もありました。東洋大学附属姫路中学校の生徒として過ごす日々がいよいよ始まることに胸を膨らませ、希望に満ちた表情で入学式を迎えた新入生の様子を紹介します。 

第8回入学式

記念ホール

 はじめに新入生全員の名前が読み上げられ「はい」と元気のよい返事で起立し、全員の入学が許可されました。そして学校長からの式辞に真剣に耳を傾けました。

学校長式辞

 中学校生活を歩み出す新入生に向けて、この日までの努力を労うとともに、「支えてくれた家族や先生方への感謝を忘れないでほしい」、「日々の様々な出会いを大切にしてほしい」、「本校で6年間努力を積み重ねて素晴らしい未来を手に入れてほしい」など、心からのメッセージを伝えました。

学校長

 →学校長式辞 全文はこちら

理事長告辞、育友会会長祝辞

 東洋大学理事長からのメッセージを教頭が代理で読み上げました。また、来賓である育友会会長からお祝いのことばをいただきました。

教頭 育友会会長

新入生代表 誓いのことば

 新入生代表が誓いのことばを力いっぱいに述べました。入学式を迎えた心境や周りの人への感謝、そしてこれから東洋大姫路で過ごす6年間への期待と意気込みなどを大きな声で宣言しました。力強い誓いのことばは、ほかの新入生はもちろん保護者や教員の心にも大きく響いている様子でした。

新入生代表

初めてのホームルーム

 入学式後には1組と2組に分かれ、各クラスの担任による初めてのホームルームが開かれました。本年は3密を避けるために、その様子を記念ホールと会議室へライブ配信し、保護者の皆様にも見ていただきました。

ホームルーム2 ホームルーム1

ホームルームライブ配信の様子

ホームルーム中継 会議室

学校長式辞(全文)

第八回 東洋大学附属姫路中学校 入学式 式辞

 書写山の木々が若芽を吹き出し、命の躍動を感じる季節を迎えました。

本日、ここに第八回東洋大学附属姫路中学校の入学式を挙行できますことは、本校教員はもとより、在校生にとりましても大きな慶びとするところであります。保護者の皆様には、コロナ禍でご心配な中、ご臨席賜り、心から厚く御礼申し上げます。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来賓は育友会長様に限らせていただく等、規模を縮小して開催させていただきますこと、ご容赦ください。

 さて、ただ今入学を許可いたしました72名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。私ども教職員一同、皆さんの入学を心から祝福し歓迎いたします。今、皆さんは入学の喜びと未来への希望に胸を膨らませていることと思います。本日、めでたく本校に入学することができましたのは、皆さんの努力の賜物ではありますが、これまで、皆さんを大切に育ててこられたご家族をはじめ、小学校でご指導してくださった先生方など、多くの方々の支えがあったからだということを忘れないでください。その恩を忘れず、ありがとうの感謝の気持ちをもって中学校生活を歩み出してください。そして、その恩返しは、皆さんが立派な人となって、社会貢献することだと思います。

 本校の母体である東洋大学は、早稲田大学に並び、創立134年の歴史と伝統を誇る全国有数の大学です。学祖である井上円了先生は「諸学の基礎は哲学にあり」といわれ、また、「人間愛の自覚に欠けた学問はいかに進歩しても人類に貢献しない」と明言されました。それを教育理念とし、本校もその理念を受け継いでいます。思いやりを持ち、真理や物事の本質を深く考え、追究する学びをする人材の育成を教育理念としています。物事の本質を考える一つの例として本日最初におかけした国歌について考えてみましよう。まず、ギネスブックに載っている、世界中で最も古い時代に作られ、現在使われている国歌はどこの国の国歌ですか?日本の「君が代」なのです。君が代の元歌は1200年前の古今和歌集に出ています。その時は「わが君は・・・」という恋歌でした。800年前に和漢朗詠集でこれが「君が代は・・・」になって詩吟のように歌われはじめました。明治になって日本が憲法を持ち、国家となったとき、海軍が他国の港に行くと国歌を演奏するのですが、我が国は国歌がない。そのため、海軍大将の児玉源太郎は日本国民皆が知っている祝いの歌を国歌にしたのが、この「君が代」です。では、「君が代」の「君」とはだれのことでしょうか?「君が世」の「君」は天皇陛下のことではありません。その場合は大君と言っていますし、世ではなく、御世というということも古文で習われると思います。実は、「君」とはあなた方のことで、今日のこの日、この場では皆さんのことなのです。皆さんの門出を祝う歌なのです。ご存じでしたか?ですから、うわさやうわべの事柄に惑わされず、物事の本質を見極めるために学び、学んだことを社会貢献に活用する、人類愛に富んだ人を育成するというのが本校の教育理念なのです。

 入学に当たり、皆さんに望みたいことを2つあげておきます。

その1つは、「自らを律し、理想を求め、日々努力してほしい」ということです。現在は、指導者がよかれと思って指導しようとしても、それを厳しいと受け取られると、パワハラや体罰と言われかねません。何事も辛抱し、継続し続けない限り大成しないのですが、鞭打ってくれるのは自分しかないのが現在の皆さんの置かれている時代なのです。つまり、成長するためには、怠けたい自分を自ら律して行くことが大切です。そして、「成長したい、成績を上げたい、さらによくなりたい」と思ってください。 「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉があります。これは、鳥の雛が卵から出ようと鳴く声と母鳥が外から殻をつつくのが同時である、つまり「学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じる」と言うことを意味しています。どうか、皆さんは自ら学びたい、成長したいと思ってください。そうすれば我々教職員の全身全霊での教育とが相まって皆さんは輝かしい未来を手にすることができるでしょう。本校での教育活動の中で、大いに学び、心身を鍛え、理想を求めて努力することを期待します。学習、部活動、生徒会活動などそれぞれの分野で、主体的に参加し、地道な努力を続けてください。「能力の差は小さいが、努力の差は大きい」のです。どんな高い山も、一歩一歩登っていけば、必ず頂上に到達できるように、努力の継続が自分の力を何倍にも引き上げてくれ、また、努力している人は、他の人からの信頼を得ることができ、多くの人が味方してくれます。自分の理想を求めて努力していれば、どんなに辛いことがあっても自分自身を奮い立たせ、逆境に立ち向かえる勇気が出ます。どうか、無理と言わず、自分の理想に向かって挑戦してください。白血病を克服し、東京オリンピックの切符を手にした池江璃花子選手は「すごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなあと思った」と語ったように、本校で6年間努力を積み重ねて、池江選手のように述べてほしいと思います。つらく、しんどいこともあるでしょうが、きっと想像もしなかった素晴らしい未来を手にすることができるでしょう。

 2つめは、「日々の様々な出会いを大切にしてほしい」ということです。日々の様々な出会いは、二度と訪れない奇跡なのです。人との出会い、知識との出会い、よい事も逆境のような悪いことでも、自分の成長に欠かせないことと思って感謝して受け入れてみてください。それらの機会を大切にすると、運が開けてきます。幸運を招く簡単な方法をお伝えします。それは、他人に親切に振る舞い、笑顔で挨拶、履き物をそろえる、ゴミを拾うです。これは、常に謙虚で、思いやりときれいな心を持つことにつながります。是非、本校での生活を通じて、幸運を掴んでください。

 最後になりましたが、保護者の皆様に一言お願いを申し上げます。本日からお預かりするお子様がより一層立派になられるように我々教職員一同、全力をあげてこれからの六年間取り組んでまいります。「教育」は「共育(ともいく)」だと思っています。お子様の成長には、学校とご家庭、教職員と保護者が共に協力し、共に育くみ、共に成長していくことが重要です。学校と家庭が強い信頼関係で結ばれ、一体となって子ども達の成長を見守っていけるよう、ご協力をお願いします。お子様がきちんと学校生活が送れるように、基本的な生活習慣を身につけ、スマホやゲームで夜更かしすることのないように、それぞれのご家庭でしっかりとルールを作ってください。中高6年間で学力が伸びていく生徒とそうでない生徒との違いは、入試の成績でも、脳の違いでもありません。ルールを作り、自制する力を養ったか否かの違いなのです。これは、学校だけではできないのです。私たち教職員も一丸となって、保護者の皆様のご期待に添えるよう頑張りますので、保護者の皆様におかれましては、本校の教育にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
それでは、新入生の皆さんが、今日の気持ちを忘れず、心身共に健康で、夢の実現に向けて、実り多き六年間の学校生活となりますよう心から祈念いたしまして、式辞といたします。

 2021年4月9日  東洋大学附属姫路中等学校長 大森茂樹

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント