1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. (中学2年)2019年度第4回一般作法講座「お客様のご案内」他

(中学2年)2019年度第4回一般作法講座「お客様のご案内」他

2019年11月18日(月)

1 

「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、講師の先生をお招きし、礼法に基づく一般作法講座を実施しました。

 今回の学習内容は「物に乗って心が通う」、「お客様のご案内」、「上座」について学習をしました。

 講師の先生は「心を表現するのは難しい。だから形で補うのです。所作に心が伴うので、相手に心が伝わるように心がけましょう。今日学んだことを記憶にとどめて、小さな教養を積み重ねていきましょう。それはひいては自分のためになりますよ」と話されました。

生徒の感想(一部抜粋)はこちら

講師の先生の話を聞いている様子とグループディスカッションの様子

2 3

5 

 

物を渡す所作を講師の先生に見せていただき、実際にしている様子

7 8

10

本日学んだこと

  • 挨拶状の封筒の裏面について

  • プレゼントを渡すときの位置・目線について

  • 手前開きドア、押し開きドアの接待の違い

  • 目上の方よりも自分が入る時は必ず声をかけること

  • ノックの回数について(トイレノックと通常ノックの回数の違い)

  • 食事などの時に座る位置(上座について)

 

生徒の感想文 (一部抜粋)

  • 今日の作法教室は、いつもより知らないことがあり、たくさん学ぶことができました。中学生の間に勉強しておくことで、大人になった時に恥をかかずにすむのはとてもいいことだなと改めて思いました。 
      
  • 私は花やかけ軸は見て楽しむものだと思っていたので、花などを見ることのできる遠い席が上座だと思っていた。しかしこの楽しみ方は洋風で、和風は匂いなどその空間を楽しむため花などに近い席が上座とのこと。では外国の方が一番偉い人だったらどうするのかと思い質問したところ、「和室だから和の文化でいけば良い」と教えられた。本日習った様々なことを素直に受けとめ、日常生活に積極的に活用していきたい。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント