1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. (中学2年)バイオテクノロジー入門|学年研究発表会の様子

(中学2年)バイオテクノロジー入門|学年研究発表会の様子

2019年9月21日(土)

発表会の様子

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、6月から始めたバイオテクノロジー入門。細胞の観察、DNAの抽出と観察、兵庫県立大学での模擬講義、発酵実験を行ってきました。クラス発表会では学んだ内容をパワーポイントにまとめて全員が発表を行いました。本日は東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターの前川透センター長(教授)と保護者をお招きして、代表班の発表を聞いていただきました。

発表の様子(映像) 「FOR OUR LIVES」(最優秀賞)

発表の様子(写真)

発表会の様子 発表会の様子

質疑応答

質疑応答 質疑応答

各班発表の後、質疑応答があり、採点をしました。

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター 前川 透センター長による講評

前川教授

 前川透センター長からは「日本以外の先進国ではプロジェクト研究から始め、興味のあることに取り組んだ後、そのことをより知るにはどのような学問(教科)が必要かを考え、必要な学問を自ら学ぶところも多くあります。皆さんも今回のプロジェクトを通して、必要なものは何かを考え、これから学んでほしい。ところで、cell(細胞)と名付けたのは誰でしょうか。調べておいてください。cellは生物学ですが、物理学を学ぶ上で重要な人物です。」と話がありました。

発表を終えて

中高一貫コース主任の講評

 最後に、コース主任から「良い発表は主題が明確で(Theme)、話の筋道が通っており(Logic)、どれだけ相手に伝えたいと思ったか(passion)が大切。ささいなことでも疑問を持ち、自分なりの答え(納得解)を出せるようになってほしい。」と話しました。

テーマ一覧
  • FOR OUR LIVES
  • ENEGY OF THE FUTURE
  • 生物と共に
  • 細胞から酵母へ