1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. (高校1年)2019年度東京研修【東洋大学大学院連携】バイオ・ナノセミナー、課題研究開始

(高校1年)2019年度東京研修【東洋大学大学院連携】バイオ・ナノセミナー、課題研究開始

2019年8月19日(月)(課題研究・東京研修1日目)

課題研究の様子

「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、高校1年生が「課題研究・東京研修」に取り組んでいます。東洋大学大学院のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターに協力していただき、ナノスケールにおいて発現する現象を理解し、ナノ構造体の作成・観察・分析・解析などを行っています。今後は事後研究を行い、9月に本校で発表会を実施します。

結団式から東洋大学 バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター到着まで

結団式

結団式 ウェルカムボード

教授、研究者との昼食

教授、研究者との昼食 教授・研究者との昼食

 6時50分に集合を完了し、結団式をおこないました。予定通り姫路駅から新幹線に乗車し、12時20分ごろに東洋大学川越キャンパスにあるバイオエレクトロニクス研究センター(BNC)に到着しました。到着後、まずは食堂に移動し、大学が用意してくださったお弁当を、研究プロジェクトごとの班に分かれて先生方と一緒にいただきました。

バイオナノセミナー

バイオ・ナノセミナー 代表生徒によるあいさつ

 14時からの予定を少し早めて、前川透教授(BNCセンター長)によるバイオナノセミナーを受講し、BNCの歴史やバイオナノに関する基礎知識を学びました。セミナー終了後、代表生徒が課題研究に対する決意を述べました。

課題研究開始

課題研究の様子 課題研究の様子 課題研究の様子 課題研究の様子 課題研究の様子

 プロジェクトごとに分かれて、プロジェクトリーダーから実験概要を説明していただきました。生徒たちは熱心に説明に聞き入っていました。そのあと、残された時間で実験の準備に入ったり、最初の実験に取り組んだりしました。

 体調をくずす生徒もなく、全員元気にプロジェクトに取り組んでいます。 

7つのプロジェクト

(1)磁性粒子の自己組織化現象
  • 磁性ナノ・マイクロ粒子について
  • 磁性ナノ・マイクロ粒子の合成・観察・分析手法について
  • 磁性ナノ・マイクロ粒子の応用について
(2)共焦点レーザー顕微鏡による哺乳類細胞の観察
  • 細胞について
  • 細胞の観察・分析手法について
  • 共焦点レーザー顕微鏡について
(3)走査型電子顕微鏡による生体サンプル(植物、動物細胞、細菌)の観察
  • 細胞について
  • 細胞の観察・分析手法について
  • 走査型電子顕微鏡について
(4)炭素ナノ構造物の創成と観察
  • 炭素ナノ構造体について
  • 炭素ナノ構造体の合成・観察・分析手法について
  • 炭素ナノ構造体の応用について
(5)磁性粒子を利用した局所加熱と酵素反応
  • 磁性ナノ・マイクロ粒子について
  • 酵素について
  • 酵素反応について
(6)透過型電子顕微鏡による磁性細菌の観察
  • 細菌について
  • 細菌の観察・分析手法について
  • 透過型電子顕微鏡について
(7)エレクトロスピナーによるナノファイバーの作製と顕微鏡による観察
  • ナノファイバーについて
  • ナノファイバーの合成・観察・分析手法について
  • ナノファイバーの応用について

これまでの様子はこちら

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント