1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. 2019年度 1学期終業式を行いました

2019年度 1学期終業式を行いました

2019年7月19日(金)

校歌斉唱の様子 

 校長は式辞で「人間関係を構築するうえで、コミュニケーションの第一歩はあいさつである。どれだけ大勢の人とつながることができるのかが、これからの時代で大切なことの一つ。」とあいさつの大切さについて訴えました。また、一期生(現高校3年生)から英検準1級合格者が出たことを紹介し、地道に努力することの素晴らしさを話しました。「自分で限界を決めず、頑張っている人を認め、切磋琢磨して大きく成長してほしい」と語りました。

 校長式辞の後、代表の生徒が「この1学期間を振り返って」と題し、あいさつをしました。

終業式後、「夏季休業中の学習について」「夏季休業中の生活について」担当の教員が話しました。英検2級・準2級取得者、水泳で県大会出場者の紹介を行いました。

校長式辞の様子

校長式辞のようす

代表生徒「この1学期を振り返って」の様子

1学期を振り返っての様子 

 夏の始まりを告げるように、段々と日差しが強くなっています。六期生を迎えて早くも3ヵ月が経ちました。
1学期をふり返ってみると、学習面では、予習・復習に力を入れ、積極的に授業に取り組んだり、キャリア・フロンティアで仲間と協力し、新しい発見があったりとても充実していました。1年生は野外オリエンテーションなどを通し、協力し合うことを学び、小学校7年生ではなく中学校1年生らしくなっています。2年生は初めての後輩を迎え、先輩らしく成長できました。3年生は、中学校最上級生としての自覚を持っておられ、私たちのお手本として支えてくださいました。2学期には神戸校外学習やバイオテクノロジー入門、広島平和学習、そして修学旅行など大きな行事があります。これらの行事に今まで以上に一生懸命取り組んでいきます。生活面では落ち着いて学校生活を送ることができましたが、2分前行動やあいさつができていなかったところがありました。
2学期には、これらのことを改善しなくてはいけないと思っています。夏休みになり、生活のリズムを崩さないよう心がけ、長期休業でしかできないことに取り組んでいきたいです。

英検2級、準2級取得者と水泳県大会出場者の紹介

英検取得者 水泳県大会出場者

  • 英検2級合格者  1名
  • 英検準2級合格者 5名
  • 水泳県大会出場者 1名

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント