1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. 2019年度1学期着任式・始業式を行いました。

2019年度1学期着任式・始業式を行いました。

2019年4月8日(月)

校歌斉唱の様子
校歌斉唱の様子

 1学期始業式を行いました。始業式前には、4月から着任される先生の紹介を行いました。また、始業式後には代表生徒の言葉、生徒指導部長と中高一貫コース主任から新学期に向けての言葉、新クラス発表がありました。

学校長式辞と代表生徒の言葉の様子

学校長式辞 代表生徒の言葉

学校長式辞

 校長は式辞の中で、「“親しき仲にも礼儀あり”相手の立場になり、考えられるみなさんになってほしいということ」「“考えることの大切さ”与えられたことをするだけではなく、自ら考えて行動することが大事であること」の2点について話しました。「自ら考え行動し、相手をしっかり理解できるような人になってくれることを期待しています」と述べました。

代表生徒の言葉

 春を感じさせるような暖かい風が僕たちの新しいスタートを歓迎しているかのように思います。
今年の1年を振り返ってみると、様々な行事があり、その度に成長できたと感じています。毎年行われる体育祭やスポーツ大会などでは仲間との団結力の大切さが分かり、2年生の広島平和学習では命の大切さが学べました。English spring campでは、英語の重要性・時間をしっかりと守るという事が改めて大切に思えました。しかし、まだまだ未熟な中学生です。これからどんな困難が待ち受けていても一生懸命立ち向かえるように僕は次の1年で小さな目標でも大きな目標でも1つでも立ててそれを達成できるように「辛い道を避けないこと。自分の目指す場所にたどり着くためには進まなければ。」という言葉を頭の片隅に置きながら日々努力していきたいです。僕自身の目標は「その日の授業を復習する」ということです。家では復習をしていかなかったので進級すると勉強のスピードが速くなり、復習をしないとついていけなくなるかもしれないので、この目標を立てて実行に移したいと思っています。

 さて、今年入ってくる6期生で中高一貫コースが完成するということもあり、改めて学校の良さを伝えることが出来る年だと僕は思っています。この学校にいい印象を与えるためにも僕は最上級生としての自覚を持ち、新1年生が「この学校はこんな素晴らしいところなんだ」と思ってもらえるような手本となるような先輩として頑張っていきたいと思っています。3年生は最上級生。2年生は先輩という存在になります。そのことをしっかりと胸に刻み、自覚を持って、新たなスタートをきっていきたいと思っています。

着任式の様子

着任式の様子 着任式の様子

4月から新たに着任される先生方の紹介を行いました。

新学期に向けて生徒指導部長と中高一貫コース主任からの言葉

 生徒指導部長のお話 中高一貫コース主任のお話

 生徒指導部長は、「自立・友情・英知」について話ました。特に友情の部分について、「充実のベースは友達です。だからこそ配慮や相手を思いやる心が必要です。充実した前向きな学校生活が送れるようにしてください」と述べました。

 中高一貫コース主任からは、「春休みにしっかり勉強できましたか。9日間の休みをどれだけ計画的に使えたか、与えられた課題をするだけでなく、自分から課題に向かう気持ちをもつことが大切です。休みをどう過ごすかで大きな差がつきます。今学期、今年度、是非目標をもって取り組んでください」と述べました。

新学年団発表

学年団発表 学年団発表

始業式後に新学年団の発表をスライドショーを使って行いました。生徒たちは新担任、新クラスメートが発表される度に歓喜の声をあげていました。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント