1. 附属姫路中学校 >
  2. News >
  3. 第5回TOYO STUDY FESTA(総合学習発表会)写真編

第5回TOYO STUDY FESTA(総合学習発表会)写真編

2019年3月23日(土)

合唱の様子

 中学1年生が“TOYO STUDY FESTA”(総合学習発表会)を1年間の学習の集大成として実施しました。在校生や保護者、教職員、新入学予定者などの前で、キャリア・フロンティアでのさまざまな取り組みの成果発表を行ったほか、クラブ活動での成果、音楽の授業の集大成として全体合唱等を披露しました。企画準備から生徒が主体的に関わり、当日の実施・司会進行も生徒自ら行いました。

 発表の様子を動画でまとめたページはこちらです。ぜひご覧ください。

プログラム(概要)

当日の様子

開会のあいさつ、1年をふり返って

生徒会長あいさつ

 開会のあいさつでは、「私たちは今まで、2年生は2年間、1年生は1年間、キャリア・フロンティアや勉強、部活に取り組んできました。今まで学んできたことを生かして今日は精一杯発表します。最後までTOYO STUDY FESTAをお楽しみください。」と生徒会長が述べました。

「1年を振り返って」のスライドショーでは入学式から始まり、様々な行事の写真を使った映像が流れました。コンピューター部の1年生が先輩に教えてもらいながら完成させました。

コンピュータ部作成のスライドショー上映 コンピュータ部作成のスライドショー上映

未来を考える|職業調べの発表過去に行った職業調べ発表の詳細はこちら

未来を考える|職業調べ、弁護士発表の様子 未来を考える|職業調べ、弁護士発表の様子 未来を考える|職業調べ、産科医発表の様子 未来を考える|職業調べ、産科医発表の様子

 キャリア・フロンティアプログラムの一環として、「未来を考える」をテーマにして、「キャリア教育」を行いました。「様々な職業について調べる」「将来就きたい職業を考える」「企業人の方の話を聞く」などの取り組みを通して、働くことの意味と意義を正しく理解し、各自が自分の将来についてより具体的に考えるきっかけになっています。今日は自分の興味・関心を確認し、調べる職業を絞り込み、調べた職業の内容について発表しました。

発表テーマ ・「アメリカ製薬業界の薬剤師」、「産科医」、「作家」、「弁護士」、「アスレチックトレーナー」、「パティシエ」

英語暗誦 (過去に行った英語暗誦大会の詳細はこちら

英語暗誦の様子 英語暗誦の様子 英語暗誦の様子 英語暗誦の様子

 2月に英語暗誦大会のクラス予選を行い、そこで選ばれた12人が学年大会に出場しました。その中から選ばれた代表者6名が発表。英文の意味するところを深く考え、自分なりに解釈し、表現を工夫して発表しました。

  • Alice and Hampty Dumpty
  • A Girl Saved Many Lives
  • Malala's speech at the United Nations
  • Lost in the Airport
  • THE VERY HUNGRY CATERPILLAR
姫路研究の様子 姫路研究の様子 姫路研究の様子

 1年生の初めに行ったキャリア・フロンティアのテーマは「姫路研究」でした。今回の発表は「家島天神祭」と「姫路おでん」、「三相電機」です。

リコーダー合奏

リコーダ合奏の様子 リコーダ合奏の様子 リコーダ合奏の様子

 喜びの歌、かっこう、メリーさんの羊、カノン1、オーラリー、アニーローリー、虹の彼方に、ラヴァーズコンチェルトを演奏しました。演奏楽器はアルトリコーダー、ベル、トーンチャイム、マラカス、タンバリンです。

有志によるピアノ連弾

有志によるピアノ連弾

 休憩時間には、有志がピアノ連弾「ミッキーマウスメドレー」を弾きました。

部活動発表 吹奏楽部、科学部、ダンス部

吹奏楽部

吹奏楽部演奏 吹奏楽部演奏

科学部

科学部発表 科学部発表

 伝統野菜「姫路若菜」の基礎的な栽培データを調査し、わかったことを発表しました。

生徒の感想一部抜粋

  • ステージ発表の人の発表内容が以前よりもとても良くなっていたので、みんなの努力はすごいと思った。その努力を僕も身につけて、次の弁論大会に活かしていこうと思った。

  • 姫路研究のパワーポイントや発表原稿は、先生方に見ていただき以前のものとは比べものにならないくらいよくなった。原稿も完璧に覚えていたので、本番当日、学校に原稿は持って行かなかった。本番は緊張で少し足が震えたが、ミスもなくみんなが笑って終えることができた。東洋大学附属姫路中学校の1年生としてやってきたことの集大成として、「TOYO STUDY FESTA」という大きな舞台で発表できてよかった。

  • 出番があった人もなかった人も、全員が役目を果たすことができた。リコーダーと合唱ではみんなが合わせようと努力をし、一人ひとりがしっかりと大きな声で歌うことができた。最後の合唱の後で、お客さんから大きな拍手をもらったときは嬉しかった。

  • 僕はポスター制作、PP作成、PP操作という三つの仕事があたった。あたったからには中途半端にしたくないと思っていたので、全力で仕事をした。大変だったが、TOYO STUDY FESTA」で学んだことは、前もって余裕を持って行動するということと、努力はやはり報われるということだ。

  • 僕はいろいろ役があり、とても忙しかった。みんなも忙しかったが、もっと忙しかったのは先生方だと思う。先生はいつも「みんなの発表会やで」と言われたが、先生方の指導と役割決めやホール予約などがあったお陰で成功したと思う。本当に感謝しています。

  • 歌は最初うまくいかず不安だった。しかし、音楽の時間にみんなで一致団結し、心を一つにすることができた。先生達からたくさん誉めてもらい、自分達の歌に自信が持てた。司会の練習のため遅くまで残って練習をした。発表する人たちも練習していたが、一度も文句など言わずテキパキとしていた。自分達で作り上げ「TOYO STUDY FESTA」を絶対成功させようという熱い気持ちがあったからだと思う。

  • とても楽しかった。私は姫路研究で発表をしたが、ポスター制作やプログラム作成など裏方で頑張ってくれていた人達のおかげで成功したと思う。とても感謝しています。ありがとう。

  • プログラム作成班のリーダーに選ばれて、「本番までに間に合うのか?」「今までよりよいものを作れるのか?」「リーダーとしてまとめられるのか」という不安がずっとあった。でも、班のみんなは忙しいのにお願いしたことはしっかりと翌日には仕上げてきてくれたので、リーダーとしても、同じ班の一人としてもとても助かった。今回助け合うことの大切さを学んだ。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント