1. 附属姫路中学校 >
  2. 教育活動 >
  3. 国際交流プログラム >
  4. 2018年度 ブライトン・セカンダリー・スクールの教頭先生から届いたお礼の手紙

2018年度 ブライトン・セカンダリー・スクールの教頭先生から届いたお礼の手紙

ブライトン・セカンダリー・スクールの教頭先生から届いたお礼の手紙

仮訳はページ下部にあります。

原文

For the past 10 months, representative Japanese language students from years 9, 10 and 11 at Brighton Secondary School have been in preparation to take part in the sister school program with Toyodai Himeji High School.

The students, of varying levels of Japanese language background, were privileged to travel to Tokyo, Hiroshima, Kyoto and finally to Himeji. The trip provided them with an immersion into Japanese language, culture and insight into the lives of Japanese families. This trip was a truly exceptional opportunity, resulting in life long friendships and learning.

The host families warmly welcomed Brighton students into their homes and lives, many returning the hospitality from earlier in the year when Toyodai Himeji students travelled to Adelaide. Relationships were strengthened and cross-cultural understanding flourished.

The school time activities for the students were simply outstanding, with staff arranging such activities as calligraphy, flower arranging, tea ceremony, origami, ukata dressing, various club activities and an awe inspiring welcome ceremony.

On top of this, tours of Himeji Castle and Mt Shosha Engyoji Temple left the Brighton team spellbound. The beauty and tranquility of Engyoji Temple, in particular, made a significant impact on the students and staff.

As the week came to a close, students both from Toyodai Himeji and Brighton begun to understand the strength of the relationship which had risen out of this program. It was with great sadness that students parted ways until they meet again somewhere in our wonderful world.

An enormous thanks must go to Principal Yashimoto and the staff of Toyodai Himeji High School. Without them, this program simply would not run. My heart felt gratitude also goes to the host families who were involved with this program. Their impact on the life of a young person from another country is profound.

We look forward to taking the next step forward in the partnership next year when Toyodai Himeji students and staff return to Adelaide.

I look forward to the next steps in this great relationship between schools.

 

Tristan Kouwenhoven

Assistant Principal

Brighton Secondary School

仮訳

 この10か月間、ブライトン・セカンダリー・スクールで日本語を学んでいる9~11年生の代表生徒は、東洋大学附属姫路中学校・高等学校との姉妹校交流プログラムに参加するための準備を進めてきました。

 生徒によって日本語の知識のレベルはさまざまですが、東京、広島、京都、そして姫路を旅行する機会をいただき、日本語を集中的に学び、日本文化に触れ、日本の家庭生活について知ることができました。今回の旅行は本当にたぐいまれな機会であり、はぐくまれた友情と習得した知識は生涯の宝となることでしょう。

 ホスト・ファミリーのみなさまは各家庭でブライトン生を温かく受け入れてくださいました。今春、東洋大附属姫路の生徒がアデレードを訪れた際に受けたホスピタリティへのお返しだろうと受け取っています。私たちの関係は強まり、異文化に対する理解が深まりました。

 生徒が参加させていただいた書道、華道、茶道、折り紙、浴衣の着付け、さまざまなクラブ活動、そして厳粛な雰囲気の中で執り行われた歓迎会などの学校活動はただただ素晴らしく、これも先生方と生徒のみなさんの行き届いた手配のおかげです。

 さらに、姫路城および書写山圓教寺訪問では、ブライトン生も引率教員もすっかり魅了されました。中でも、圓教寺の美しさと静寂は、私たちに強烈な印象を与えました。

 一週間の滞在が終わりに近づくにつれ、東洋大附属姫路の生徒とブライトン生の絆がこのプログラムを通じて、より一層強まっていくのを感じるようになりました。実にさみしいことですが、この素晴らしい世界のどこかで双方の生徒が再会できるまで、互いに離れ離れにならざるをえません。

 橋本校長先生をはじめ東洋大附属姫路の先生方には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。みなさまのご協力なくして、このプログラムを進めることはできなかったでしょう。また、今回のプログラムに参加してくださったホスト・ファミリーのみなさまにも心からお礼を申し上げます。海の向こうからやって来た若者たちにみなさまが与えてくださった影響の大きさは計り知れません。

 来年、東洋大附属姫路の生徒のみなさんと先生方がアデレードを訪問される暁には、互いの協力関係が次の段階へと進むことになるでしょう。

 東洋大附属姫路とブライトン校の素晴らしい関係がさらに前進することを期待しております。

トリスタン・カウウェンホーフェン

ブライトン・セカンダリー・スクール 教頭


学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント