MENUCLOSE

薬物犯罪防止

守ろう!自分の未来を、仲間の未来を。

ダメ、ゼッタイ。薬物乱用!

大麻等の違法薬物の乱用が大きな社会問題となっています。
大麻等の栽培・使用・所持等は、法で厳しく禁止されており、本学学則においても厳重な処分となります。

参考 学則第57条(懲戒)に関する学部長会議申し合わせ事項(2007年12月19日)

学則第57条第2項第一号及び第四号に関わる処分について、以下の項目に該当する事案は、その理由の如何を問わず、退学とする

  1. 麻薬・覚醒剤等を不法所持したとき
  2. 凶器等を用いて傷害事件を起こしたとき
  3. 凶悪犯罪(殺人、強盗、強姦、放火等)を起こしたとき
  4. 交通犯罪(危険運転による死亡事故、ひき逃げ等)を起こしたとき

違法薬物に限らず薬物の乱用は、心身を蝕み、家族やこれまで築き上げてきた友人関係が破壊されるだけでなく、皆さんの学生生活や人格までもが崩壊してしまう危険性を秘めています。

薬物乱用の動機

  • 甘い言葉にだまされる「ダイエットに効く、疲れがとれる。」
  • 仲間意識から「自分一人やらないと仲間外れにされる。」
  • ストレスから逃れたい「嫌なことを忘れたい。」
  • 好奇心「一度試してみたかった。」

皆さんは、大麻等の違法薬物の誘惑に負けない理性と勇気を持ち、学生の本分を自覚し、良識ある行動をとるよう強く求めます。