MENUCLOSE

大学院で学びたい方

在学生の方


先輩からのメッセージ(堀越 裕央さん)

ビジネス会計・ファイナンス専攻 会計ファイナンス専門家養成コース   博士前期課程在学 堀越 裕央さん  

※掲載されている内容は2018年7月現在のものです。  

Q.大学院に、進学しようと思った動機・経緯は?

将来税理士として活躍したいと思い会計事務所で働いていく中で、お客様からの質問に対し、制度を単に調べて回答をするという表面的な仕事のやり方に危機感を感じました。税理士として職業的専門家となるからには、税法に対する幅広くかつ深い知識を有している必要があると考えました。そこで大学院での2年間を通じて税法に対する幅広くかつ深い知識をより効率的に習得できると考え、進学することに決めました。

Q.なぜこの大学院を選んだのか?

一番の決め手は指導教授でした。修士論文を作成するにあたって、実績のある先生方からご指導頂けることにより、完成度が高い論文を作成することができると考えました。また、都心にあるため通いやすく、設備も充実している点も決め手でした。

Q.大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことはありますか?

大学院は論理的思考を身につける場であると思いました。大学院の授業は大学の授業と異なり、少人数で行われます。そのため常に自らの意見を求められ、また他の方の意見に対しても意見を求められる事が多く、物事を論理的に考える必要に迫られます。今まではあまり論理的に物事を考えるということはしてこなかったので、日々論理的思考を身に付ける訓練ができていると思います。

Q.大学院の魅力は?

大学が様々なデータベースと契約をしているため、自ら調べれば様々な知識を得ることができると思います。また、授業が夜間ということで、クラスメイトも社会人の方が多く、年齢層も様々ですので、授業のことはもちろん、仕事で得た知識の共有等の情報交換が行えます。

Q.大学院生活の中で辛かったことは何ですか?

授業の課題と仕事と試験勉強の両立です。

Q.論文の研究テーマ

受講中の授業としては、税法の授業が半数以上となります。税法の授業も、過去の裁判例を研究、検討する判例研究や税法の基本書の輪読等を行っております。その他にも税務会計やファイナンスの授業も受講しております。

Q.現在の1週間、または1日のスケジュールは?

 
月曜日 9時~17時 仕事/18時~20時半 大学院の授業/22時 夕食/23時~24時 翌日の授業の準備/25時 就寝
火曜日 9時~17時 仕事/18時~21時半 大学院の授業/23時 夕食/24時 リラックスタイム/25時 就寝
水曜日 9時~20時 仕事/21時 夕食/22時~24時 大学院の課題/25時 就寝
木曜日 9時~20時 仕事/21時 夕食/22時~24時 税理士試験の勉強/24時 就寝
金曜日 9時~17時 仕事/18時~21時半 大学院の授業/23時 夕食/25時 就寝
土曜日 9時~12時 大学院の授業/12時半 昼食/13時半~17時 大学院の課題/18時 帰宅/20時 夕食/21時~24時 大学院の課題/25時 就寝
日曜日 9時~12時 家事/12時半 昼食/13時~17時 大学院の課題/18時~19時 運動/20時 夕食/22時 翌日の準備/24時 就寝

 プロフィール 

堀越 裕央さん                                 

東洋大学卒業後、会計事務所にて税務業務に従事。業務の中で、特に顧客との会話を通じて、税務に関してのより広範な深い知識を身に付ける必要があると考え、東洋大学大学院経営学研究科ビジネス・会計ファイナンス専攻に入学。