MENUCLOSE

経営学研究科 経営学・マーケティング専攻


経営学・マーケティング専攻

  マネジメントの力は経営学・マーケティングにあり
Dong先生

経営学・マーケティング専攻長

董 晶輝

教員紹介はこちら

 

 

専攻長メッセージ

現状分析や戦略立案などの経営実践において消費者のニーズを有機的に取り込むことで、企業は自身の価値を高め、一層社会に貢献します。このような「高度な実践経営学」の理念のもとに、経営学研究科では経営学・マーケティング専攻が19年度より発足します。

グローバル化、サービス経済化、イノベーション創出が重視される変革の時代において、経営学及びマーケティングに関する高度な理論と実践能力を備えたマネジメント人材に対するニーズが高まってきています。これに対応して、社会の発展に貢献できる高度専門職業人を養成することが本専攻の使命となっています。本専攻ではこの使命の実現にふさわしい教授陣を取り揃えています。経営学分野の教員は、企業論、組織論、人的資源管理論、戦略論、意思決定論、財務論などの基礎理論の研究、イノベーション、モノづくり、生産管理、ベンチャー企業経営、中小企業経営、国際経営などの実践応用の研究で優れた成果を上げてきています。マーケティング分野の教員は、消費経済論、消費者行動論、マーケティング論、流通論、通貨と為替等の基礎理論の研究、サービス・マーケティング、国際マーケティング、ファッション・ブランドのマーケティング、インターネット・マーケティングなどの実践応用研究において豊富な研究実績を積み上げてきています。さらに、情報マネジメント、データ分析等の研究で優れた実績を持つ教員も加わっています。これから本専攻に入学する大学院生の皆さんは、この両分野の教員による教授でマネジメントの力を発揮するための理論装備がしっかりと出来上がり、さらに、各自の研究課題に対する研究指導を受けることで、優れた研究成果を上げることができます。

教育研究のグローバル化に対応し、本専攻では日本語のみではなく、英語での講義や研究指導も行い、英語で学位請求論文の作成も可能性です。留学生の皆さんの入学を期待しています。

概要

博士前期課程では、経営学及びマーケティングに関する高度な理論と専門知識に裏打ちされた研究を通して、論理的思考力を習得させるとともに、高度な実践能力として、理論を応用し、課題分析や戦略立案などの幅広い手法を習得させることを目的としています。

博士後期課程では、経営学及びマーケティングに関する自らの専攻分野において、問題を的確に分析・究明できることに加え、社会のあらゆる局面において、専門性を発揮して理論的・実践的な知を創造できる、卓越した研究能力を習得させることを目的としています。

経営学・マーケティング専攻
入学定員:前期課程22名/後期課程4名
開講時間:昼夜開講(昼間主)
キャンパス:白山
学位:前期課程 修士(経営学)又は修士(マーケティング)後期課程 博士(経営学)又は博士(マーケティング)
教育訓練給付制度指定講座:前期課程