MENUCLOSE

大学院で学びたい方

在学生の方


福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻

ヒューマンデザイン専攻

将来を見据え、現代での実生活における諸問題に学問的なアプローチで挑戦する

専攻長メッセージ

杉田 記代子教授

ヒューマンデザイン学専攻は、2006年に設置された福祉社会デザイン研究科で、子ども支援学コース、高齢者・障害者支援学コース、健康デザイン学コースが用意され、博士前期課程と博士後期課程で構成され、専門的知識を基に社会に貢献できる高度な学術的研究を行い、その成果を修士論文または博士論文としてまとめることを目的とした専攻です。超高齢化社会の現代日本においては、どのライフステージにおいても、またどのような状況にある人も社会の中で自己肯定感を確信でき、同時に健康寿命を延ばすことが求められます。少子化問題は、その根底に子どもを産み子どもを育てるための社会的環境整備、とりわけ保育環境や市民の労働環境整備の課題があります。 さらには、日本の国際化が進む中で多種多様な文化を理解し、対応していくことも求められます。このような現代の多様かつ複合的な問題に対して解決策を見出すためには、従来の学問領域からの視点だけでは限界であり、人の営みを中心としヒューマンデザイン学という新たな複合的学術観点に立ち、人々の社会生活環境と心身の健康維持、向上のために私達が具体的に何をすべきなのかを見出す研究力と実践力が必要となります。 今後ますます技術革新が進み、人の果たすべき役割も変化する中、人の支援を繋げるのは人間の英知によると考えます。 そのような将来に向けて、福祉や保育、医療、介護、健康、スポーツなどの各専門知識の研鑚のみならず専門領域の枠を超えて、幅広い視野に立ち人の営みが抱える問題の本質を考察し、問題解決のために新たな理論体系を生み出す力をこの専攻で修得してもらいたいと考えています。自ら考察し、他の領域と協働し論理的に問題解を探求する技能を身につけることにより、社会リードし貢献する人材となりうると確信します。

 

概要

現代社会の諸問題を最も色濃く反映する本専攻は、少子高齢化の問題に対応した「子ども支援学」や「高齢者・障害者支援学」、福祉社会の受け皿ともいうべき健康づくりへのアプローチである「健康デザイン学」の3コースで構成されています。

福祉社会の創造的デザインという理念の下、いずれのコースも問題解決型、実践志向型のオリエンテーションの下にカリキュラムを構築し、時代のニーズに対応する、高い見識をもった専門職を育成します。

  • 入学定員:前期課程20名/後期課程5名
  • 開講時間:昼夜開講(昼間主)
  • キャンパス:朝霞
  • 学位:前期課程 修士(社会福祉学または健康デザイン学)/後期課程 博士(社会福祉学または健康デザイン学)
  • 教育訓練給付制度指定講座:前期課程