MENUCLOSE

学位審査について

法学研究科

本研究科の学位請求論文は、以下の基準により厳正に審査される。

修士学位論文審査基準

(修士論文)
広い視野に立って法学の精深な学識を身につけ、専門分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培ったことを伺わせる水準であること。

(特定課題研究論文)
広い視野に立って法学の精深な学識を身につけ、公務員に求められる職責を担うための卓越した能力を培ったことを伺わせる水準であること。 

博士学位論文審査基準(甲)

1. 論文の作成において、十分な内外国の文献・資料が適切に引用されていること。尚、関連科目及び外国語については、審査委員会においてロ述をもって審査されるものとする。

2. 論文がその研究の対象となる分野に関する従来の研究成果を十分に踏まえており、かつ、精綴な理論によって裏付けされた独創性ないし新規性がそれに認められること。

3. 論文の内容から、その作成者が相当な研究能力を有することが認められること。

博士学位論文審査基準(乙)

1.当該論文に内外国の文献・資料が充分かつ適切に用いられていること。

2.当該論文に独創性があり、関連する分野の学術及び実務の発展に寄与すると認められること。

3.学位に関連する科目及び外国語について、当該論文の内容及び口述試験において充分な学力があると認められること。

4.副論文が提出された場合には、その内容も併せて総合的に審査すること。