MENUCLOSE

大学院で学びたい方

在学生の方


健康スポーツ学専攻

健康スポーツ学専攻長 鈴木哲郎教授

生活の質(QOL)の向上と健康寿命延伸実現のための健康づくりとスポーツ文化を探求する

専攻長メッセージ

健康スポーツ学は体育学を起点として発展した学問分野で、応用健康科学、スポーツ科学、身体教育学の3分野で構成されます。また、これらの学問分野はいわゆる「自然科学系、社会科学系、人文科学系」も包括しています。本専攻では基礎学問として、ヒトの構造・機能を扱う組織・解剖学、生理学、生化学、運動生理学、スポーツ選手の健康管理を含むコンディショニングやトレーニングを扱う自然科学系、健康を社会現象から扱う健康社会学や現代の情報の発展を社会学から扱う情報社会学などの社会科学系、文化から健康やスポーツを扱う健康文化学、スポーツ文化学、スポーツ人類学からなる人文科学系など多くの基礎学問から3構成分野を構築しています。

この様な学問体系の健康スポーツ学は健康とスポーツに係る事柄を広く深く扱います。例えば、最近盛んになってきた「e-スポーツ」は情報社会学の一つの手法としてのデジタルとアナログの視点から考えるとe-スポーツはデジタルです。自然科学の立場からスポーツは本来アナログですからe-スポーツをスポーツの範疇ではないとします。しかし、スポーツ文化学ではスポーツをデジタルやアナログの分類では捉えず、文化現象としてスポーツとして捉えます。一方、運動生理学ではスポーツを「ルールと競技を包括した身体運動」と定義し、アナログと捉えます。したがって、e-スポーツはスポーツではないと捉えます。このように、現代のスポーツに係る現象を分析する場合、学問によって扱い方が異なります。一面的なとらえ方でなく広く深く専門分野を学ぶことが重要なことです。e-スポーツはスポーツ科学分野で扱いますが、身体教育学や応用健康科学にも関連します。そのために本専攻のカリキュラムでは知識を広く深めるための「健康スポーツ学総合演習」などの科目により、総合的に健康スポーツ学を捉える能力を養う授業もあります。また、自身の専門性を深く学ぶために研究指導を始め専門科目も充実しています。本専攻では学問的・実践的なスキルを高め専門的職業人、それを支える研究者の養成を行います。

健康スポーツ学は発展途上の学問で、非常に速い速度で発展し、広範囲に及ぶ学問分野です。学部教育で学び切れない学問分野です。そこで、大学院教育で専門的職業人としてのキャリアアップをしてもらいたいと思います。 

概要

ヒトや動物を対象とした実験的研究分野、疫学などを用いた調査的研究分野、子ども・高齢者・障がい者・アスリートを対象とした応用的研究分野、教育現場を研究対象とした教職系研究分野などの中から専門的分野を選んで研究することにより、社会のスポーツや健康関連分野、行政施設などで専門的知識を生かしてQOLの向上と健康寿命の延伸に貢献できる人材を育成します。

入学定員:修士課程10名
開講時間:昼夜開講(昼間主)
キャンパス:朝霞
学位:修士(健康スポーツ学)
教育訓練給付制度指定講座:修士課程

健康スポーツ学専攻教員紹介はこちら