MENUCLOSE

医用機械工学研究室

医用機械工学研究室

工学の知識を基礎とした治療・診断システムに関する研究

 本研究室では,工学の知識を基にした温熱リハビリテーションシステムや癌温熱治療(ハイパーサーミア)装置などに関する研究を行っています。

 医療の現場では医師だけが患者さんを救うのではなく、手術、診断、治療、リハビリテーションなどで用いる装置(医用機械)やシステムを開発する工学系技術者と協力することではじめて、早期診断や効果的な治療へとつながります。

 医用機械の研究は、熱力学、伝熱工学、シミュレーション工学、制御工学、ロボット工学等の機械工学系の知識のほかに、電磁気学、画像処理、情報工学等様々な分野の知識が必要となる複合領域研究です。

 具体的には、電磁気学の分野で知られている空胴共振器を応用した非侵襲深部集中加温システムや、超音波画像診断装置を応用した非侵襲生体内温度分布推定システム、集束超音波治療システムに関する研究、手術支援シミュレータの開発などの研究テーマに関して、有限要素法によるコンピュータシミュレーションと試作装置による実験の両面から、提案するシステムの有用性に関して検討を行っております。

 

新藤 康弘 准教授

専門分野:医用工学、リハビリテーション工学、バイオメカニクス、有限要素法解析、超音波工学