MENUCLOSE

授業

8-1. 教室番号の見方

8-2. 授業時間

8-3. 休講・補講・授業の欠席・緊急時の授業の取り扱い

 8-3-1. 休講の決定
 8-3-2. 補講の実施
 8-3-3. 授業の欠席について
 8-3-4. 緊急時の授業の取扱い

8-4. 教員との連絡


8-1. 教室番号の見方

 教室の扉にはそれぞれ扉番号が表示されており、教室番号はその組み合わせとなります。

教室番号

(例)3201教室

3

2

01

階数

ブロック

扉番号

* 上記の例では、3201教室は、3階の第2ブロックの、扉番号01番ということになります。

 


8-2. 授業時間

 授業時間は、1時限(1コマ)90分とし、各時限の区切りは次のとおりです。

 

時限

時間

1限

9:00 - 10:30

2限

10:40 - 12:10

昼休み

12:10 - 13:00

3限

13:00 - 14:30

4限

14:45 - 16:15

5限

16:30 - 18:00

6限

18:15 - 19:45

* 赤羽台キャンパスと総合スポーツセンター(板橋区清水町)をまたがり授業を履修する場合は、
移動時間を 30 分以上要するため、履修登録できない時限があります。


8-3. 休講・補講・授業の欠席・緊急時の授業の取り扱い
8-3-1. 休講の決定

 担当教員のやむを得ない理由・緊急事態等により、授業が休講となることがあります。担当教員の指示に従ってください。
 緊急の場合には、教職員が直接教室にて連絡をすることがあります。
授業開始時刻から30分経っても教員が教室に来ない場合は、赤羽台事務課窓口まで連絡のうえ、職員の指示に従ってください。

8-3-2. 補講の実施

 原則として休講に対する補講が行われます。担当教員の指示に従ってください。

8-3-3. 授業の欠席について

 やむを得ない事由により、授業を欠席する場合は、事前に担当教員へ直接連絡をしてください。
 教員の連絡先は、ToyoNet-G の「シラバス・教員プロフィール」にて確認してください。

 * 窓口・電話等での取り次ぎは一切行いません
 * 病気・ケガ等により長期欠席することが予想される時には、赤羽台事務課窓口へ連絡のうえ相談してください。

欠席の理由

提出書類

連絡方法

備考

体調不良ほか自己都合

教員の指示に従う

教員へ直接連絡

(次回授業出席時・メール)

 

指定感染症による出席停止

(インフルエンザ、はしか等)

感染症治療証明書

医務室へ電話連絡の後、
教員へ直接連絡

(次回授業出席時・メール)

出席停止の場合でも原則出席扱いにはなりません。

3ヶ月以上の欠席を要する
病気・怪我

許可願

(休学する場合)

赤羽台事務課窓口へ連絡

病気・家庭の事情等の理由により、3ヶ月以上本学に修学できない場合は、大学の許可を得て、休学することができます。

* メールのみの連絡は一方的かつ行き違いの原因となります。必ず次回出席時に担当教員に申し出てください。
* 交通機関の影響等による遅刻の場合は、遅延証明書を担当教員に提出してください。


8-3-4. 緊急時の授業の取扱い

 下記①~③となった場合の授業の取扱いについては、メールにてお知らせを配信しますので、
大学の指示に従ってください。

① 台風の接近等により交通機関の混乱が予想される場合
② 台風・地震の災害等により交通機関が運行停止となった場合(人身事故等一般的な運行停止を除く)
③ 大規模地震の警戒宣言が発令された場合
* 学内で実施される講演会・講座等についても、上記措置に準ずるものとします。


8-4. 教員との連絡

 ToyoNet-G の「シラバス・教員プロフィール」に記載されているメールアドレスを確認し、メールをしてください。メールで連絡をする際には、必ず学籍番号・氏名を明記し、受講している授業科目名を書くなど、何について質問・相談するのか、問い合わせ内容を具体的かつ簡潔にまとめること。