MENUCLOSE

通学について

5-1. 通学定期券・通学証明書・学割

5-2. 自転車通学

5-3. 自転車を購入・運転する学生の皆様へ

   5-3-1. 自転車の防犯登録
   5-3-2. 放置自転車について

5-4. 交通事故に遭遇した場合


5-1.通学定期券・通学証明書・学割

5-2. 自転車通学

 通学は公共交通機関を利用してください。赤羽台キャンパスでは、自転車通学は原則として禁止していますが、下記の申請条件を満たす場合、自転車通学を認め、駐輪許可証を発行することとします。なお、自動車・オートバイ(原動機付自転車を含む)での通学および駐車場の使用は禁止しています。

自転車通学許可申請の条件
(1) 本学の学生であること。
(2) 申請期間内に申請手続きを行ったこと
(3) 研究・実験等で終電・バス等に間に合わない場合や、公共交通機関を利用すると著しく遠回りになる場合等の特別な事情があると本学に認められた者であること。
(4) 申請時点で有効な、「日常生活の事故により、法律上の損害賠償責任を負った場合に、対人賠償・対物賠償の双方をカバーしている保険(*)」に加入し、保険証券のコピーを提出できること。
 * 提出可能な保険の例:個人賠償責任保険・自転車保険
 * TSマーク保険は不可とします。

申請書の取得及び提出
・申請書の取得:コチラからダウンロードしてください。
・提出先:赤羽台事務課窓口
・申請期間:2019年4月1日以降
 * 駐輪可能台数の上限に達した場合は、申請受付を締め切ります。

提出書類
申請時に下記の(1)~(3)の書類を赤羽台事務課窓口へ提出してください。
(1) 駐輪許可申請書
(2) 学生証のコピー(両面)
(3) 申請時点で有効な個人賠償責任保険証券または自転車保険証券のコピー
 * 保険が申請者本人に適用される状態であること。
 * 申請日時点で保険期間が切れていないこと。

申請結果の通知
・申請結果はe-mailにて通知します。
・許可された者には、後日「許可証」を赤羽台事務課窓口にてお渡しします。
・有効期限:利用許可日-2020年4月末日

5-3. 自転車を購入・運転する学生の皆様へ

5-3-1. 自転車の防犯登録

 自転車を購入したときは、必ず購入店で防犯登録を行ってください。友人等から自転車を譲り受けた場合、譲渡されたことが分かる書類(譲渡証明書)を売主に書いてもらい、最寄りの警察署で新たに本人名義の防犯登録を行ってください。

5-3-2. 放置自転車について

 放置自転車に乗ってはいけません。自転車に乗っていると、警察官に呼び止められ、防犯登録について調べられることがよくあります。他人名義で防犯登録をされている自転車に乗っていることが判明すると、窃盗犯の疑いをかけられることがあります。

5-4. 交通事故に遭遇した場合

 東洋大学への通学の際やその他の日常生活において、交通事故に遭わないように常に気をつけて行動することが大切ですが、万が一の事故に備えて、学生各自で任意保険をかけることをお勧めします。

交通事故に遭遇した場合の対処
1. 自分が事故に遭遇した場合は、必ずすぐに警察に連絡をしてください。警察への報告を怠ると、保険が適用されなくなる場合があります。
2. 警察署に連絡した後は、各自の保険会社に連絡をし、事故報告を行ってください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)