MENUCLOSE

【2014年度】学生生活 -在学生レポート-

2014年度

人間環境デザイン学科2014年度卒業制作優秀作品展

卒業制作優秀作品展平成27年2月18日(水)~20日(金)の日程で、人間環境デザイン学科2014年度卒業制作優秀作品展が開催されました!私達は健康スポーツ学科の所属で、同じ朝霞キャンパスで生活していますが、実はこの作品展を取材するまでは、人間環境デザイン学科がどのようなことを行っているのか知りませんでした。なので、少しだけ人間環境デザイン学科について・・・。
この学科では、2年次まではデザインの基本を学び、3年次からは「空間デザインコース」「生活環境デザインコース」「プロダクトデザインコース」の3コースに分かれ、より専門的な知識と技術を学ぶそうです。「空間デザインコース」では主に建築を、「生活環境デザインコース」では人間中心設計と、ユニバーサルデザインを、「プロダクトデザインコース」ではモノからモノゴトまで幅広いデザインを学んでいます。どのコースも、子供から高齢者、障がい者まで全ての人々が幸せになるデザインを作るという考えが根本となっていて、ライフデザイン学部にある学科だからこその学びが行われています。

では、本題の作品展。作品展はこの3つのコースに分かれて展示がされていました。本当に大学生の作品!?と疑ってしまうほどでした。

まず「空間デザインコース」の作品ですが、学生が設計した建物の模型が出展してありました。その大きさと細かさに圧倒され、また自分のテーマに沿って、それを建てる土地における人の生活のことまで考えられており、すごいなあ・・・とただただ感心するばかりでした。

「生活環境デザインコース」では子供向けにパズルや絵本、知的障害者のための用途別にお金が入れられる財布、高齢者の認知症防止のクイズなどが書かれたカレンダーなど、それぞれの対象者にあわせたものを制作していました。それらは決して難しい技術を使っているわけではなく、ちょっとしたアイデアで人の生活をより豊かにするものばかりでした。


最後に「プロダクトデザイン」の作品は、ペット専用の避難バックや、捨てる時に缶を潰すことができるゴミ箱など生活や環境をより良くするためのものや、読まなくなった本を他人と共有できる本棚、置くコップの温度によって色が変わるテーブルなど生活が楽しくなるような家具がありました。これらの作品は、温度を感知するセンサーや、本を共有するための通信技術などが駆使されており、どれも実際にあったら面白いだろうなと、思わず生活を想像してしまうような、すぐに商品にできてしまいそうなクオリティでした。


また、模型や作品のほかにも、多目的トイレや、様々な人が使いやすい建物についての論文も展示されていました。卒業制作優秀作品展

人間環境デザイン学科4年生の集大成であったこの作品展。それぞれ学んできたこと全てが伝わってくる素敵な作品展でした。4年生の皆さん、本当にお疲れ様でした!(中村・山本)

箱根駅伝壮行会

12月9・10・11日の3日間、キャンパスが、今年の流行?と言わんばかりの鉄紺色に染まりました。
みんなで東洋大学のスクールカラーである鉄紺色を身につけ、箱根駅伝を盛り上げよう‼というこの企画。
学食や生協ではクリスマス直前で凍えそうなお財布に、ちょっぴり優しいサービスが展開され、多くの学生が恩恵にあやかったことでしょう。
そんな鉄紺デイズの最終日には、白山キャンパスで駅伝壮行会が行われました。朝霞キャンパスではパブリックビューイングに100名近い人が集結。応援グッズとして配布された旗と手袋も好評でした!
来たる1月2日、3日。毎年師走の寒さを忘れさせる熱い走りをしてくれる選手たち。
壮行会に参加した学生の思いも襷に乗せて、今年も素晴らしい走りをしてくれることでしょう!(山川)

2014年イルミネーション点灯式

イルミネーション12月に入ってから寒さがより一層厳しくなり、お鍋のおいしさとこたつの温かさがうれしくなってきました。そんな冬の訪れを感じる朝霞キャンパスでは毎年恒例の冬のイベントが行われました。12月4日、寒い季節で冷えた心をぽっと温めてくれる朝霞キャンパス名物のイルミネーション点灯式が行われました。毎年の恒例行事となっていて、この時期になると学内のいろんなところでイルミネーションが光り輝いています。点灯式ではクリスマスも近いことから、サンタさんの格好をした実行委員の皆さんが、一足早いお菓子のプレゼントも配っていました。他にもサークルやゼミの演奏などのイベントもあり、集まった約300人の学生たちも楽しめたのではないでしょうか。日が落ちるのも早くなり、勉学に励んだ学生の帰り道を優しく照らしてくれるイルミネーションが、本日からライトアップされています。(相沢)

第10回朝華祭

大学祭東洋大に入学してから2回目の朝華祭では天気にも恵まれ、充実した時間を過ごすことができました。
私は朝霞キャンパス唯一のダンスサークルであるTomboys☆に所属しており、去年に引き続きステージでダンスを発表しました! 今年はアイドルのコピーダンスをする大会に出たことがきっかけで、沢山の出演依頼をいただき、忙しい中でやりくりしながら練習しました。正直、練習もハードで辛いなと思ったときもありましたが、朝華祭のステージでは心から楽しいと思いながら発表することができました!2回に分けてのステージでしたが、どちらもたくさんの方々に見ていただき応援していただけて、とても嬉しかったです! 皆様、本当にありがとうございました!
大学祭また、私が他に所属している学生広報では、お好み焼き屋さんを出しました。私はダンスのステージや練習の関係で最終日しか手伝えませんでしたが、店長をはじめとする学生広報のメンバーが楽しく心を込めて協力して出店していたので、事故もなく繁盛して終わりを迎えることができました!
とても充実した学園祭で、笑顔の絶えない2日間でした! 来年は、よりパワーアップしてもっもっと楽しめたらいいなと思います!(久保)

第9回朝華祭

今年も11月2日、3日に朝霞キャンパスで学園祭が行なわれます!昨年の様子をアップさせて頂きますので、興味がある方は是非ともご来場下さい!

1年に1回の大イベント「朝華祭」が11月2日、3日に行われました。朝霞キャンパスの学園祭にあたる「朝華祭」では、普段の学内の雰囲気と同じようにアットホームな空気の中で、来場者の方と学生が楽しめたのではないでしょうか。
今回の取材では朝霞キャンパス内「憩いの広場」に出店された模擬店を直撃させていただきました。多くのサークルや団体が飲食物を販売し、互いの威信をかけて熱いお客様獲得合戦を繰り広げていました。とあるたい焼きコーナーでは、開店1時間で半額セールを開催するなど、様々な販促テクニックを駆使し、お店を盛り上げていました。他にも唐揚げ、おにぎり、みそ汁、パンケーキなど様々な種類の飲食物が多くの人のお腹を満たしてくれたのではないでしょうか。(私自身も取材と言い訳しつつお腹いっぱいになるまで食べちゃいました…)

今年は来場することが出来なかったという皆さんは来年も開催される予定なので、ぜひともお腹を満たしに「憩いの広場」にお集まり下さい。色とりどりの模擬店と学生が皆さんをお待ちしています。(相沢)

朝華祭来て頂けましたか?私は実験工房棟で開催されていた、人間環境デザイン学科学生作品展についてご紹介したいと思います!毎年多くの方に見に来て頂いていて、こちらも外の屋台に負けない盛り上がりでしたよ〜!この作品展は名前の通り、人間環境デザイン学科の学生が開催している作品展です。1年生〜4年生が有志で集まり、毎年決められたテーマに沿って制作した作品を展示しています。今年のテーマは「FOR YOUーだれかのための作品展ー」でした。このテーマからイメージされた作品は建築・パッケージデザイン・照明・おもちゃ・カレンダーなど様々!また、特別枠として卒業生やゼミの展示も行っていました。受験生の方は人環がどういう学科なのかを知る良いキッカケにもなると思いますよ。(山本)

※昨年度の朝華祭の記事になります。

トップセミナー

10月22日に行われた、元バレーボール日本代表、三屋裕子氏による「未来を拓くトップセミナー」をご紹介します!
テーマは「スポーツと健康」についてでした!
本当にスポーツは健康にいいのでしょうか?という問いから始まり、なぜ日本人は外国人に比べてスポーツをしないのか?運動をしないまま高齢になっていくと…?など、普段聞いたことはあるけれど、理由までは知らない〜という話について、三屋氏の実体験を交えながら、分かりやすく解説してくださり、また一つ賢くなることができました(笑)
健康スポーツ学科の学生として、今後の課題も見えてきましたし、とても濃い充実した90分間でした!また機会があったら、参加したいと思います!(佐々木)

学生生活最後の夏休み

学生生活最後の夏休みはバイトと遊び、そして実習と就職活動で終わりました。9月に4年間の集大成となる実習を控え、8月は何をしたら良いのだろうと考えていると当然【遊び】に全力を尽くそうという結論に辿り着きました。友達と小旅行を何度かしたり、ディズニーリゾートへ行ったり、毎日のように飲み歩いたり…学生だからこそ出来る遊びでした!遊ぶからにはバイトもしなければなりません。苦行でした。
そんな楽しい8月も過ぎ、いよいよ最後の実習です。実習園に恵まれ、2週間とゆう短い期間でしたが多くを学ぶことが出来ました。実習と並行して就職活動もしました。期間が被っていたので大変ではありましたが、保育の現場にのめり込む良い時間を過ごせたと思っています。
無事実習も就職活動も終わりましたが、同時に夏休みも終わってしまいました。学生生活残り半年、卒論や研究に追われながらもまだまだ全力で遊び尽くしたいと思います!(榎本)

大学2年目の夏休み

今年は、ほぼ地元で過ごしていました。何をしていたかというと、教習所に通ったり、中高時代の友達と遊んだり、また、新しいことにもいろいろとチャレンジできました!私は保育士を目指しているので、それに向けていろいろな施設でボランティアをさせてもらいました。保育園だけでなく、障害児施設や介護施設にも行き、園児や利用者さんと関わったり、職員さんのお手伝いをしたりします。いちばん心に残っているのは障害児施設でのボランティアです。最初は子どもたちも、見慣れない大人の存在に戸惑い、ついいたずらをしてしまったりして、接し方に困ってしまいました。しかし、じっくり向き合うことで、少しずつ心を開いてもらえるようになり、子どもたちのいろいろな一面を見ることができた時にはとても嬉しかったです。子どもはかわいいだけでなく、時には難しさも感じるものですが、その純粋さやひたむきな様子に元気をもらえると感じ、やっぱり子どもが好きだなーと実感できた夏でした!これからも子どもと関わることを続けて、いろいろと学んでいきたいです♪(上野)

朝霞キャンパスの学生の夏季休暇とは!?

8月も終わり、大学生以外のほとんどの人は夏休みが終わってしまったという人も多いのではないでしょうか。朝霞キャンパスの学生も長かった夏休みはもうすぐ終わりです。そんな長い長い夏休み、大学生は遊んでばかりいるというイメージを覆すべく(実際にたくさん遊んでいますが)大学生目線の少しばかりの言い訳をさせて頂きます!笑

私の所属する生活支援学専攻では3年生時に多くの人が各資格取得のための実習を行っています。期間は様々ですが、約1か月間程度になります。私の場合は夏休みに実習だったため、5日間×4週間、夏休みに実習施設に通いました。大変だった思い出もありますが、楽しい思い出もたくさんある濃密な一か月間でした。3年生の夏休みは実習のための夏休みと言っても過言ではないくらい実習漬けの毎日でした。また、他学科でも、実習やインターンなどを行っている学生が多く、夏休みという長い休みだからこそできることに挑戦しています。これから残り期間は少ないですが、思う存分遊び、思う存分学ぶ、大学生の夏休みを有意義に過ごすことが出来るといいですね。以上言い訳のような本当の話でした。(相沢)

今年もオープンキャンパスが開催されます!

テスト期間も終わり、朝霞キャンパスもいよいよ夏休みです!しかし夏休みにも東洋大学ではオープンキャンパスが行われ、広報メンバーの多くが参加する予定です!
6月に行われた高校生向けイベント、学びLIVEの様子を掲載しますので、興味が出てきた方はご参加お待ちしております!
6月22日、日曜日!“学び“LIVEが行われました!
そもそも学びLIVEとは、受験生の皆様が東洋大学の授業を体験できちゃうというものでございます!今回はあいにくの雨にもかかわらず、多くの方々にお越しいただきました。ありがとうございます!

さて、学びLIVEですがもちろんただ授業を受けるだけのイベントだと思ったら大間違いです!(笑)授業以外にも魅力的なイベントが盛りだくさん!例えば在学生によるキャンパスツアー!朝霞キャンパスの名所を学生のガイド付きで巡ることができます!高校とは違った設備を体感すべし!
さらに人気なのは在学生とのフリートークコーナーです!東洋大学の先輩達が大学生活のリアルを語ります!気になること知りたいことはみんな聞いてみるのをオススメします
「学びLIVEに行きそびれた!」そんなあなたも大丈夫!東洋大学では、8/22、8/23、9/13の日程でオープンキャンパスも行われます!ぜひともお越しくださいませ!おまちしています!(上野玄)

織姫様と彦星様が一年に一度出会う日 

七夕織姫様と彦星様が一年に一度出会う日(ちょっとうろ覚えなので間違っていたらすいません。詳しい方がいたら細かい事を教えてください笑)
7月7日の七夕に向けて朝霞キャンパスでは、6月30日から七夕飾りの笹が出現しています。朝霞キャンパスの玄関には、世界平和を願う人から国家試験の合格を願う人まで、色とりどりの学生の願いごとが、溢れんばかりに笹に括り付けられています。

学生たちの大きな夢を支えるには少し小さな笹ではありますが、きっと願いをかなえてくれることでしょう。しかし願うだけでは叶わないのが厳しい現実。今年のうちに自分の願いに少しでも近づけるよう頑張って、来年は違うお願いごとを書けるような一年に出来ると良いですね。(相沢) 

2014年朝霞スポーツ大会

6月4日、ライフデザイン学部スポーツ大会が行われました!この日の授業は全て休講。それにもかかわらず、応募人数を超える申し込みがあったそうです。当日は天気にも恵まれ、40チーム約280名の学生が暑さにも負けず、汗を流しながらかっこいい姿を見せてくれました。スポーツ大会
競技種目は、午前が、障害物競争、リレー、玉入れ、午後が、ポートボール、フットサルでした。どの競技もみんな本気で、競技をしている人だけでなく、応援の声も響き渡り、グラウンドは熱気に包まれていました。特に驚いたのは玉入れ。玉入れというと、小学校低学年の子供たちがやっているあの姿を思い浮かべますが、全然違います。かごから溢れるほどの玉が入っていました。作戦を考えているチームもありました。「すごい!」ただその一言でした。
ちなみに、私は救護班として参加です。試合が白熱すればするほどけが人も増えてくるので、そこは少し大変でしたが…でも、これだけ人を熱くし、団結力を深められるスポーツって素敵だなと、改めて思いました。
スポーツ大会のような、学科を越えて交流を持てるイベントがあるからこそ、朝霞キャンパスの和気あいあいとした雰囲気が生まれるのだと思います。朝霞キャンパスでよかったと強く感じた1日でした。
みなさん、お疲れさまでした。 (中村)

学長講演会『井上円了の人と思想について』

学長講演会5月28日にライフデザイン学部主催、学長講演会『井上円了の人と思想について』が開催されました。事前申込制ではないにもかかわらず、700人を収容できる大講義室が埋まるのではないかというほどの人が学長の講演を聴きました
東洋大学の創設者であり哲学者である井上円了先生は、単に東洋大学の創設ばかりではなく、生涯において3度も世界視察旅行を行うなど、グローバルな視点を磨いた国際人でもあり、その他にも「妖怪博士」や「生涯教育の先駆者」など多彩な顔を持ちます。
井上円了先生とはどのようなお考えのもとに生涯をすごされた方だったのか、どのような方だったのか講演を通して知る良い機会となりました。
井上円了先生の生涯を対象とし、その思想と行動を明らかにすることを目的・内容とした授業科目があるので、在学生はぜひとも履修してみましょう!!(今井)

エコキャンパス

エコキャンパス

今回の活動は、学生ボランティアセンター主催の朝霞キャンパス周辺のクリーンアップです!朝霞キャンパスをキレイにするべく、多くの学生が集まりました!朝霞キャンパス周辺は思っていたよりもゴミが落ちていて、とても大変な作業でしたが、終わったあとは達成感でいっぱいでした!
1時間という短い時間の活動でしたが、このような活動を続けていって、朝霞キャンパスをもっとキレイにしていけたらなと思います!(佐々木)