MENUCLOSE

人間環境デザイン学科教員紹介(大沼 敦)

氏名大沼 敦
大沼 敦
Onuma Atsushi

自己紹介

松下電器産業株式会社(現パナソニック)にてAV機器デザインを担当。その後プロダクトデザイナーの喜多俊之氏に師事し、大沼 敦デザイン事務所設立。

http://www.atsushionuma.com

今まで多くのAV機器、家電、プロ用機器、建築金物等の工業製品や、バッグ、ランドセル、合成皮革等の皮革関連製品、ロボットやEVカー、伝統工芸品等をデザインする。グッドデザイン賞等の多くのデザイン賞を受賞。企業のコンサルティング、ブランディングも行う。東京都立産業技術研究センターエンジニアリングアドバイザー、山梨県外部アドバイザー、JIDA正会員

 

受験生へのメッセージ

Ai、スマホ、SNS、ロボティクス等、技術革新が世界中を「爆速」に繋げ、エキサイティングにしています。プロダクトデザイナーには外観や機能の「モノ」のデザインだけでなく、背景のストーリーの「コト」まで含むデザインが強く求められています。高齢化や健康、自然などに対する注目度も全世界的に上がっています。
「道徳は利潤に結びつく」は私が新入社員の時に学んだ言葉ですが、道徳を実践し不自由なことの解消(問題解決)だけでなく、最近は全方位の情報を自分で取捨選択し迅速に判断する「Aiだけでは生み出せないワクワクするアイデアの必要性」を実感します。そのためには地味な作業の積み重ねと根気強さも必要です。近道はありません。このような思いを共有し一緒に走って行きたいと考えています。

専門分野・研究テーマ

プロダクトデザイン、ブランディング

主要業績

トリプルA(株)/デザイン可能な合成皮革Deco/2019 グッドデザイン賞受賞 、
東海電子(株)ヘルスケア機器/HCーPRO/2019年グッドデザイン賞受賞など

研究キーワード

プロダクトデザイン、伝統工芸、地域ブランディング