MENUCLOSE

経営学部ゼミ紹介―竹内 亮介ゼミ

テーマ「広告論、消費者行動論」

担当:マーケティング学科/竹内 亮介(たけうち りょうすけ)講師

竹内ゼミ①

ゼミの概要

 竹内ゼミは、真剣にゼミ活動に取り組む(1つでも多くの能力と経験を獲得するために、ゼミ活動に対する努力を惜しまない)ことが当たり前の組織を目指しています。

ゼミ活動の主軸である研究活動では、広告や消費者行動に関して誰も解答できていない「なぜ?」を発見したうえで、その解答を提示していきます。最終的には、学内の懸賞論文・経営学会・マーケティング学科の卒論報告会で研究成果を報告します。また、ディベート大会(愛知淑徳大学・関西大学・慶應義塾大学・東洋大学・明治大学・立命館大学のゼミが参加する大会)やビジネスコンテスト(日本学生経済ゼミナール関東部会大会・北区東京学生プレゼンコンテスト)への参加を通じて、ゼミ外と積極的に交流する機会も豊富です。

3年間のゼミ活動に打ち込む中で、1つでも多くの能力と経験を獲得し、卒業後も本音で接することのできる同期・先輩・後輩に出会ってほしいなと考えています。

テーマ例

・物語広告における状況の類似性と情報提供性の役割
・「○○女子」や「○○男子」のラベリングが消費障壁に及ぼす影響
・パッケージの構成要素と制御焦点が製品評価に及ぼす影響
・本物志向の消費者がブランドの偽造品を認知した際にとる4つの方略