1. 東洋大学TOP
  2. 東洋大学について
  3. 学年暦・キャンパスカレンダー

学年暦・キャンパスカレンダー


【2021年度秋学期の授業について】

新型コロナウイルス感染症拡大防止を図るため、秋学期の授業は、対面で授業を実施する科目と非対面(オンライン)で実施する科目に分けて行います。
また、対面で授業を行う科目であっても次の通り、各キャンパス、学部等により実施方法が異なります。詳細は下部リンクからご確認ください。
基礎疾患等によりキャンパスに登校し対面授業の受講が困難な場合は、所定の手続きを行うことにより非対面による受講に対応します。
なお、これは、あくまでも現時点での予定になります。新型コロナウイルスの感染状況や緊急事態宣言の発出状況により、対面授業を非対面(オンライン)授業に変更する場合もあります。ToyoNet-ACE※などで最新の情報を確認するようにしてください。

※ ToyoNet-ACEは、本学学生専用LMS(授業支援システム)です。

▼ キャンパスをクリックすると、詳細情報がひらきます。

【学部】

8学部・国際教育センター・スポーツ健康科学(白山)の開講科目を2グループに分けて、1週間(授業回ごとのセット)を単位として第2回目授業から第13回目授業まで、隔週で対面授業を実施します。なお、最初の1週間(第1回目)及び特別課題期間の授業はすべて非対面での実施とします。(対面授業の実施日は「2021年度秋学期 白山キャンパス対面授業実施カレンダー」を確認してください。)

〔Aグループ〕
文学部、経済学部、法学部、スポーツ健康科学(白山/実技)の開講科目
〔Bグループ〕
経営学部、社会学部、国際学部、国際観光学部、国際地域学部、国際教育センターの開講科目

【大学院(研究科)】

各研究科の管理のもと、授業内容等に応じて対面または非対面で実施します。

ライフデザイン学部

2021年度秋学期においても、対面授業、非対面授業を組みあわせた授業展開します。
対面授業は隔週対面を前提とし、開講主体によりAグループ、Bグループの2つのグループに分けて実施します。
また、授業第1週目は原則としてすべて非対面授業(授業運営のオリエンテーション含む)としています。
※英語科科目、および一部の科目は「毎週対面」での実施です。
※第1回目から対面授業を実施する場合があります。

〔Aグループ〕
基盤科目、学部共通科目、教職科目、子ども支援学専攻科目、健康スポーツ学科科目
(ただし、上記のうち清水町総合スポーツセンター実施科目を除く)
〔Bグループ〕

生活支援学専攻科目、人間環境デザイン学科科目、清水町総合スポーツセンター実施科目
詳細は、「2021年度秋学期 ライフデザイン学部 対面授業実施カレンダー」と「時間割」にて、自身の受講する授業がどのような実施方法となるのかを確認してください。 

大学院<ライフデザイン学研究科・福祉社会デザイン研究科(ヒューマンデザイン専攻・人間環境デザイン専攻)>

各研究科の管理のもと、授業内容等に応じて対面または非対面で実施します。


情報連携学部/情報連携学研究科

具体的な実施方法については、別途にお知らせします。学部・大学院からの連絡をお待ちください。

川越キャンパスの2021年度秋学期の授業運営は原則対面授業を行います。
入構者数管理と新生活様式を実践するため、学籍番号の下ひと桁の数字を奇数と偶数で分類し、奇数グループと偶数グループに分け、日毎に交互で入構し対面授業を受講していただきます。
第1回目の授業を対面で受講した場合は、第2回目はオンラインによる非対面授業による受講となります。
ただし、土曜日は科目が少ないことから奇数偶数に関わらず15週全て対面授業実施とします。 

学部

板倉キャンパスの2021年度秋学期の授業運営は原則対面授業を行い、一部の科目において非対面となります。
対面授業においては、学科や、学籍番号等による入構の規制は行いません。

大学院(研究科)

原則対面授業を行います。一部科目において授業内容等に応じて非対面で実施します。

清水町総合スポーツセンターについては、実技科目のみ対面で行います。
白山スポーツ健康科学研究室とライフデザイン学部の管理のもと学生を2つのグループに分け、隔週で対面授業を実施します。

 〔Aグループ〕
文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・国際学部・国際観光学部・国際地域学部・情報連携学部
〔Bグループ〕
ライフデザイン学部・大学院研究科