MENUCLOSE

〔大学院国際地域学研究科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

国際地域学専攻 / 国際観光学専攻

国際地域学専攻

  • 中学校教諭専修免許状(社会)
  • 高等学校教諭専修免許状(公民)

国際地域学専攻のミッションは、国内外における地域づくりにかかわる諸問題の解決のために、国際的に通用する高度な専門的知識を有する専門家や研究者を養成することにあります。本専攻で学修した現代社会の諸問題への取り組み方や地域開発についての高度な専門性を持つ手法を用いて、中学・高等学校の教育現場で幅広い知識や社会のしくみをリアリティを持って教えることができる教員を養成します。
国際地域学専攻は教育の大きな柱として現場主義を掲げ、グローバル化する現代社会における複雑な諸問題の解決にむけて活躍できる人材を教育現場に送り出すことを目的としています。このことは、「広い視野に立って必要な公民的資質の基礎を養い、民主的、平和的な国家・社会の形成者として必要な公民としての資質を養う」ことにつながります。また、現場で活動することで、そこに生きる人々とのコミュニケーションを深め、その人々と同じ目線で問題を考える資質を身につけることができます。柔軟な思考を備えた豊かな人間性を持った人材は、より広い見地からの判断力を持った人間教育にも力を発揮できます。現場を知った人材を養成することで、教科書的な知識に加え、幅広い社会に対する考え方や、生きる力を育む教育を実践できる教員を育成します。

国際観光学専攻

  • 中学校教諭専修免許状(社会)
  • 高等学校教諭専修免許状(公民)

国際観光学専攻のミッションは、国際観光の発展のため、高度な専門業務を遂行するに必要な能力、その基礎となる豊かな学識および国際感覚を身に付けた人材を養成することにあります。経済社会のグローバル化が進む中、我が国が、今後も世界に伍して発展していくためには、多様な場で、グローバルに活躍できる人材の育成が不可欠となっています。すなわち、国際的に通用する人材、国内外の観光関係の実務に精通した人材の養成が求められています。
本専攻では、上記のようなミッションに依拠しつつ、中学校社会科、高等学校公民科の教育目的である「広い視野に立って必要な公民的資質の基礎を養い、民主的、平和的な国家・社会の形成者として必要な公民としての資質を養う」教育の実現に十分な力を発揮できる教員を養成します。
理論と実務の融合は、多様な人々とのコミュニケーションによって涵養されます。また、他者と同じ視点で問題を考える資質を身につけることで柔軟な思考力と豊かな人間性を備えた人材が教育現場に送り出されていくものと考えます。さらに、より広い見地に立って判断できる力を持った人間の教育にも力を入れています。単に教科書的な知識だけでなく、社会に対する多様な視点から物事を判断できる人材の育成に力を入れています。