MENUCLOSE

〔生命科学部〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

生命科学科 / 応用生物科学科

生命科学科

  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

生命科学とは生命現象を遺伝子レベルから細胞レベル、さらには個体レベルで明らかにする先端的な学問領域であり、生命科学部生命科学科は、従来の生物科学と他の諸科学との境界をなくし一体化させた生命についての総合的な理解の上に立って、地域社会の発展に貢献する創造的思考能力、かつ倫理観を併せもった人材の育成を教育理念としています。そのような教育理念に基づいて、「生命科学」を理解し、特に“いのち”を大切にする倫理観をもった教員、“人”に対して思いやりのある教員、地球環境を理解し考える教員を養成し、昨今における理科離れに対応して科学への興味を喚起できる教員養成への社会的要請に応えることを目指しています。

応用生物科学科

  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

応用生物科学科は、“環境に優しい「ものづくり」をしよう”、“バイオで「環境」を守ろう” をスローガンに、生物の持っているさまざまな働きを利用して、地球環境に優しい技術(バイオテクノロジー)を造りあげるスペシャリストを養成し、人類の恒久的存続、地球環境の修復や維持に貢献できる行動力のある人材の育成を目指しています。また地域社会のものづくりにも目を向け、地域の活性化、地域型技術開発に貢献する起業家精神を持った人材教育も重視しています。そのような教育理念に基づいて、自然系の化学や物理学などの基礎学問領域に立って、「生物の働き」を理解し、特に“いのち”を大切にする倫理観をもった教員、“人”に対して思いやりのある教員、地球環境に優しい技術を志向する“物つくり”を推進し、国内の各地域活性化に貢献できる理科教員を養成することを目指しています。