MENUCLOSE

〔経営学部〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

経営学科 / マーケティング学科 / 会計ファイナンス学科

 

経営学部第1・2部経営学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(商業)

教員養成に対する理念

東洋大学経営学部は、「幅広い視野に立って、経営学諸分野の学習および研究を通じて培った専門的知識と能力を活かし、急速に進展する経済・社会において活躍する「有為な人材」を育成すること」を学部の理念・目的としている。

学部の人材育成の理念・目的に即し、経営学部経営学科では「経営学に関する幅広い知識と応用力を備え、政治、経済、社会、技術動向を踏まえた上で、戦略的、論理的、創造的に経営目標を実現するための方策を考えながらグローバルに活躍できるマネジメントのプロフェッショナル」の育成を目標としている。

本学部が教育研究上の成果を教員養成に活かすことは本学部の社会的使命のひとつと認識し、教員養成課程を設置する。商業分野に関しては、本学部が最も教員養成に貢献できる分野である。

経営学部経営学科では、高い倫理観と社会性、および実社会に貢献できる態度と技能を養いながら、次の三つの力を有する教員を養成することを理念とする。

1)日々変化する政治、経済、社会、技術動向などへの深い関心と理解を持ち、①経営組織・経営管理、②経営戦略、③経営情報・分析メソッド、④財務・会計・マーケティングの4つの分野における高い専門性および幅広い知識と応用力を有している。

2)戦略的、論理的、創造的に考える能力を備え、生徒に対して、社会活動や経済活動に対応する能力や態度を育む指導力を有している。

3)グローバルな視点で諸問題を捉えつつ、コミュニケーションができる能力を備え、それを生徒の教育に応用する力を有している。

認定課程設置の趣旨

経営学科では、専門科目を①経営組織・経営管理、②経営戦略、③経営情報・分析メソッド、④財務・会計・マーケティングの4つの分野で構成しており、教科に関する専門的な項目について基礎、応用、実践の順に体系的に学ぶことが可能である。

これらの科目によって、将来を担うビジネス・パーソンを育む上で、商業を担当する高等学校教諭が備えるべき必要不可欠な専門知識を段階的に身につけることができる。 加えて、GBC(Global Business Communication)科目を履修することで、外国人とのコミュニケーションに関する知識と技術を育成するとともに、演習科目などの小人数教育を通じて課題発見能力や問題解決能力を育成し、これからの商業科教員にとって必要な能力を身につけることが可能となっている。

なお、教員免許取得に際して必要な科目を適切に配置している。

経営学部第1部マーケティング学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(商業)

教員養成に対する理念

東洋大学経営学部は、「幅広い視野に立って、経営学諸分野の学習および研究を通じて培った専門的知識と能力を活かし、急速に進展する経済・社会において活躍する「有為な人材」を育成すること」を学部の理念・目的としている。

学部の人材育成の理念・目的に即し、経営学部マーケティング学科では「マーケティングに関する深い知識を有し、マーケティング発想を身につけて常に顧客視点で考えることができ、マーケティング戦略の立案に必要な分析ノウハウを修得した人材」の育成を目標としている。

本学部が教育研究上の成果を教員養成に活かすことは本学部の社会的使命のひとつと認識し、教員養成課程を設置する。商業分野に関しては、本学部が最も教員養成に貢献できる分野である。

経営学部マーケティング学科では、高い倫理観と社会性、および実社会に貢献できる態度と技能を養いながら、次の三つの力を有する教員の養成を理念とする。

1)実社会における流通・マーケティング現象への深い関心と理解を持ち、マーケティング戦略、マーケティング・サイエンス、流通・サービスマーケティング、経営・会計といった観点での幅広い知識と応用力を有している。

2)戦略的、論理的、創造的に考える能力を備え、生徒に対して、豊かな感性を涵養しアイデアや知識を醸成しながらマーケティング的思考で戦略を立案する姿勢を育むことができる。

3)グローバルな視点で諸問題を捉えつつ、コミュニケーションができる能力を備え、それを生徒の教育に応用する力を有している。

認定課程設置の趣旨

マーケティング学科では、専門科目をマーケティング戦略、マーケテイング・サイエンス、流通・サービスマーケティング、経営・会計ファイナンスの4つの観点から構成しており、教科に関する専門的な項目についてその基礎から応用まで体系的に学ぶことが可能である。

これらの科目によって、将来を担うビジネス・パーソンを育む上で、商業を担当する高等学校教諭が備えるべき必要不可欠な専門知識を段階的に身につけることができる。加えて、GBC(Global Business Communication)科目を履修することで、外国人とのコミュニケーションに関する知識と技術を育成するとともに、演習科目などの小人数教育を通じて課題発見能力や問題解決能力を育成し、これからの商業科教員にとって必要な能力を身につけることが可能となっている。

なお、教員免許取得に際して必要な科目を適切に配置している。

経営学部第1部会計ファイナンス学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※2018年度以前入学生対象
  • 高等学校教諭一種免許状(商業)

教員養成に対する理念

東洋大学経営学部は、「幅広い視野に立って、経営学諸分野の学習および研究を通じて培った専門的知識と能力を活かし、急速に進展する経済・社会において活躍する「有為な人材」を育成すること」を学部の理念・目的としている。

学部の人材育成の理念・目的に即し、経営学部会計ファイナンス学科では「企業を取り巻く経済環境や企業経営全般に通じるとともに、会計分野やファイナンス分野で高い専門知識とスキルを身につけ、企業を科学的に分析できる能力を持つ人材」の育成を目標としている。

本学部が教育研究上の成果を教員養成に活かすことは本学部の社会的使命のひとつと認識し、教員養成課程を設置する。商業分野に関しては、本学部が最も教員養成に貢献できる分野である。

経営学部会計ファイナンス学科では、高い倫理観と社会性、および実社会に貢献できる態度と技能を養いながら、次の三つの力を有する教員を養成することを理念とする。

1)日本および世界の金融・証券市場や経済情勢などへの深い関心と理解を持ち、経営学・経済学の領域全般を踏まえた上で、会計分野、ファイナンス分野、国際ビジネス分野における高度な知識とスキルを有している。

2)金融・証券市場の状況を把握・分析し、会計及びファイナンスの視点から課題発見・解決へ向けて検討する能力を備え、生徒に対して、物事をデータで捉えて解決する姿勢を育むことができる。

3)グローバルな視点で諸問題を捉えつつ、コミュニケーションができる能力を備え、それを生徒の教育に応用する力を有している。

認定課程設置の趣旨

会計ファイナンス学科では、専門科目を財務会計分野、管理会計分野、企業金融分野、個人金融分野、ビジネス外国語分野の5分野に分類し、ビジネスの最前線に触れながら教科に関する専門的な項目についてその基礎から応用まで網羅的に学ぶことが可能である。

これらの科目によって、将来を担うビジネス・パーソンを育む上で、商業を担当する高等学校教諭が備えるべき必要不可欠な専門知識を段階的に身につけることができる。加えて、GBC(Global Business Communication)科目を履修することで、外国人とのコミュニケーションに関する知識と技術を育成するとともに、演習科目などの小人数教育を通じて課題発見能力や問題解決能力を育成し、これからの商業科教員にとって必要な能力を身につけることが可能となっている。

なお、教員免許取得に際して必要な科目を適切に配置している。