TGL GOLD認定者 横手倫太郎さん インタビュー

 

横手倫太郎さん 

横手 倫太郎 さん(総合情報学部 総合情報学科4年/2022年3月時点)


① なぜTGL GOLDの認定を目指そうと思いましたか?

正直、目指そうと思った訳ではなく、気がついたらTGL Goldになっていました。そもそも英語を道具として活用して、ネットで記事を読んだり、動画を見たりすることに興味がありました。英語のインプットはその興味を実行することでたくさんできましたが、これを語学力として定着させるにはアウトプットも同時にしていかないといけないと感じ、川越キャンパスのGCSに足繁く通うようになりました。そこでアウトプットをして、趣味でインプットをして、を繰り返しているうちに、英語のスコアも上がり、GCSから留学の案内もいただき、更なる語学力、ひいてはネットでの情報収集能力の拡張に向けて交換留学に参加しました。この様に、英語力を上げようと考え、東洋大学のサポートを活用していたらTGL Goldに結果的になりました。

②TGL GOLDの認定を目指す上で、一番のハードルは何でしたか?
  また、そのハードルをどのように乗り越えましたか?

意識していなかったので、ハードルを感じたことはありません。しかし、振り返ってみて一番大変だったことは、やはり交換留学です。出願に必要な準備から、留学準備、留学中が特に忙しく、留学をしない選択肢を取ったらもっと楽な学生生活を送れたのかなと思います。しかし、この忙しさも決してネガティブではなく、心地いいストレスと期待感に溢れた楽しい忙しい期間だったので、もし留学を迷っている方がいたら楽な方ではなく、留学に行くことをお勧めします。

③ TGLプログラムへの積極的な参加は、あなたの大学生活にどのような影響を与えましたか?
  (特に、グローバルなキャリア形成に与えた影響について)

何点か変化がありました。1つめは、周りの人間関係です。海外からの留学生や、留学経験がある、もしくは留学を目指している、といった、東洋大学の中でもひときわグローバルな人々と仲良くなることができました。もちろん、留学先の友人関係も続いています。2つめは、情報です。自分の専攻では、日本語訳されている情報ソースが豊富にあるわけではありません。しかし、英語が道具として使える自分はそんなことは関係ありません。その上、国際的な公的機関からや、世界最先端の情報を引っ張ってこられることが、私の学問上の強みになりました。卒業制作ではこの力を発揮できたと考えています。3つめは、大学生活ではありませんが、就活です。留学経験が評価され、国際的な事業を手掛ける、かつ自分のやりたかったことができるポジションをいただきました。 これらが代表的な良い影響ですが、細かくいえばもっとあります。グローバルな視点を持つことは人生を豊かにするだけではなく、周りも評価をしてくれます!

④ 卒業後、どのような社会人になりたいですか?

自分は将来、1, 国際的 2, 情報デザイン 3, 環境問題 この3点が交わるところで仕事をしたいと考えています。ファーストキャリアでは、2の能力を社会人レベル上げるため、3の項目の無い仕事を選びましたが、セカンド、サードキャリアでは環境問題に対して、国際的な自分が持つ情報デザインのスキルを用いて、日本と世界にポジティブな影響を与えられる人材になりたいと考えています。

⑤ TGL GOLDに認定された先輩として、在学中の後輩たちや新入生へ、「英語で」一言メッセージをお願いします。

 It does not matter how slowly you go as long as you do not stop.