日本での就職活動を成功させるために

就職活動について

日本での就職活動は在学中に行われます。海外の企業が卒業後に仕事への知識や経験を積んだ人材を採用する一方、日本の企業は学業や学生生活に取り組んだ姿勢など、学生のポテンシャルを重視して採用します。そのため、以下の(1)を参考に、日本での生活に慣れ、学生生活を充実させましょう。

加えて、多くの企業では、高いレベルでの日本語能力も必要です。具体的には、「日本語能力試験(JLPT)」でN1以上、「BJTビジネス日本語能力テスト」ではJ1~J1+程度を企業から求められています。就職活動がスタートする時期までに日本語能力を向上させ、資格を取得しておきましょう。日本での就職活動の進め方を理解せずに就職活動したことで、思うような結果が出ない学生が多数います。

本学では、「東洋大学留学生就職促進プログラム」に基づき1年次から受講できる「ビジネス日本語講座」や就職・キャリア支援講座などを実施しています。詳細はToyoNet-ACEやToyoNet-Gに掲載しますので、確認してください。

1. 日本での就職活動を成功させるために

1. 日本文化への理解/日本語(ビジネス日本語)の上達

日本語を早期に上達させることで学業成績の向上、文化の理解につながります。 【方法】 ゼミやサークル活動などで日本人学生と積極的に交流する。ビジネス日本語講座」や就職支援講座などを受講する。

2.「充実した学生生活」を送る

日本の企業は採用時に「学業への取り組み」はもちろん、サークル活動やアルバイト、ボランティアなどの課外活動も評価しています。目標や目的意識を持って、学生時代に幅広い経験をしてください。

3. インターンシップ(企業での就業体験)に参加する

日本の企業に就職する際は「企業文化」を理解することが求められます。
【方法】「東洋大学留学生就職促進プログラム」などで日本国内の企業のインターンシップ に参加する。

4. 就職活動の進め方を知る

日本の就職活動について活動時期や情報収集・採用選考の方法を把握し、具体的な進め方を理解する必要があります (以下(2) 就職活動の流れ参照) 。
【方法】 学内就職支援講座を受講する。各キャンパスの就職支援窓口を活用する。

5. 多くの企業の採用試験に応募する

就職活動がうまくいかない外国人留学生の共通点は「行動量の不足」です。数社受験しただけでやめてしまうのではなく、あきらめずに続けることが大事です。
【方法】 就職情報サイトを活用する。定期的に各キャンパスの就職支援窓口を活用する。

母国など、日本以外での就職を考えている場合

早い段階でその国ではどのような時期・方法で就職活動を行う必要があるのか調べておきましょう。国によっては日本でのインターンシップ経験が役立つ場合があります。

2.就職活動の流れ

日本での就職活動を成功させるためには事前の準備が大切です。事前の準備には、日本語の資格試験を受けることや、インターンシップへの参加、大学の支援行事への参加などがあります。卒業前年度の3月になると就職活動が本格化します。6月のインターンシップ参加、自己分析などから準備を始めましょう。
日本の就職活動では、3月が企業選びのピークです。企業説明会などに積極的に参加し、なるべく多くの企業にエントリーしましょう。内定がもらえるまで諦めずに就職活動を継続し、分からないことがあれば、すぐに各キャンパスの就職支援担当窓口を活用してください。