MENUCLOSE

留学・海外研修プログラム参加時の安全・危機管理

東洋大学では、留学・海外研修プログラムへ安心して参加できるよう、安全・危機管理に関する以下の支援を行っています。支援内容はプログラムによって異なるため、詳細は参加を希望するプログラムのパンフレット・ガイダンス等で案内しています。

1.海外留学保険・J-TAS24時間電話サポートサービス

国際教育センターや各学部・研究科が主催するプログラムを中心に、海外旅行保険「学研災付帯海外留学保険」および「J-TAS24時間電話サポートサービス」への加入を推奨しています(一部プログラムでは必須)。「学研災付帯海外留学保険」は学研災に付帯されているものであり、疾病や救援者費用、留学生賠償責任を充実させたものです。「J-TAS24時間電話サポートサービス」は、医療相談のみならず海外生活全般における「よろず相談」を電話(日本語対応可)で行うことが可能です。

2.外務省「たびレジ」、「在留届」への登録

留学・海外研修プログラムの参加者には、外務省海外安全情報配信サービス「たびレジ」および「在留届」への登録を推奨しています(一部プログラムでは必須)。同サービスに登録することにより、外務省から留学・研修先の現地情報に関するメールを受信できるようになり、渡航前の準備や滞在中の安全管理等に活用することができます。

詳細は下記外務省ホームページをご参照下さい

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

3.渡航前 安全・危機管理オリエンテーションの実施

留学・海外研修への参加が決定した方を対象に、安全・危機管理に関するオリエンテーション(TGLキャンプ)を実施しています。オリエンテーションでは、海外旅行保険に関する説明や過去に実際に発生したトラブル事例に基づく講義、そしてグループワークや簡単なシミュレーションをもとにした各自の「海外危機管理プラン」の検討などを行います。こうした主体的な学びを通じて、渡航前の適切な準備や留学・研修先での安全な学修を支援しています。

 

4.東洋大学海外安全マニュアル

学生の皆さんが海外で安全に生活できるように、海外で気を付けるべきこと、事前に知っておくべきこと等を「東洋大学海外安全マニュアル」として纏めています。「自分の身は自分で守る」。留学に参加する皆さんご自身が危機管理意識を高めることが重要です。