1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2020年度のニュース一覧 >
  4. (中学1年)第2回一般作法講座 「プライベートで目上の方に出会ったときのマナー」他

(中学1年)第2回一般作法講座 「プライベートで目上の方に出会ったときのマナー」他

2020年11月16日(月)

一般作法指導 中1-01

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、講師の先生をお招きし、礼法に基づく一般作法講座を実施しました。

 今回の学習内容は、「休日、プライベートな外出先で目上の方と出会った際のあいさつのマナー」「友人宅を訪問した際のお菓子のいただき方」「お箸の作法、食事の席でのマナー」「電車でのマナー」等について学習をしました。

 テーマについて生徒同士で意見を出し合い、いろんな意見を足し算して自分たちなりの答えを考えていました。

 講師の先生からは、「あいさつはタイミングが大事です。絶対の正解はありません。その時その時の状況によって自分で考えられる人になりましょう。また、相手の気持ちになって考えてみましょう」と先生の実体験を交えて講義していただきました。

講師の先生の話を聞いている様子

一般作法指導 J1-02 一般作法指導 J1-03

席の前後で話し合っている様子

一般作法指導 J1-04 一般作法指導 J1-05 一般作法指導 J1-06 一般作法指導 J1-03一般作法指7

発表している様子

一般作法指導 J1-09  一般作法指導 J1-10

 

生徒の感想

  • 私は人に会った時に挨拶を会釈だけですませてしまうことがありました。しかし、きちんと挨拶をしないといけないということを学んで、確かにそうだと思いました。私も将来運がいい人になるために人への挨拶を心掛けたいと思います。
  • 礼儀を立方体に例えるという発想がおもしろいと思いました。挨拶も礼儀もその立方体の自分を表す面を下にすることを意識しなければいけないと知り、将来、仕事で初対面の人と会う時に意識したいと思います。
  • その時・その場に応じて挨拶の仕方を考えること、挨拶をしないことが良くないことを改めて知ることができました。マナーに絶対はないけれど、自分なりの考えを「探す」「見つける」こと、自分で「決める」ことが一番良いと初めて知りました。これから自分なりのマナーを見つけ、大人になっても今日学んだことを活かしてきたいです。
  • 私が印象に残った言葉は「マナーに絶対正解はない」です。最初に聞いた時はマナーには一つしか正解がないのではないかと疑問に思っていました。しかし、先生に提示された問題に答える皆の意見を聞き、人それぞれ考え方が違うから正解がないのだと納得しました。皆の意見を聞くことによって、自分と違う考え方が学べたので良かったように思います。今回学んだことを心にとめて実践していこうと思います。

 

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント