1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2020年度のニュース一覧 >
  4. (中学1年)2020年度 姫路研究学年発表会の様子

(中学1年)2020年度 姫路研究学年発表会の様子

2020年10月10日(土)

発表の様子

目次

 姫路の産業「西松屋」発表の様子(映像)

 「姫路城の鯱瓦」発表の様子(映像)

姫路研究学年発表会(写真)の様子

 キャリア・フロンティアの一環として、6月から個人でテーマを決めて「姫路研究」に取り組んできました。

 9月19日には、クラス発表会を行い代表者を8人選びました。当日は代表者が発表を行いました。今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、保護者の方はWeb会議アプリGoogle meet を使って見学していただきました。9月のクラス発表での反省を活かし、格段にいい発表になりました。

発表とリモートの様子

発表の様子 発表の様子

発表の様子 リモートの様子

発表テーマ一覧

・西松屋、姫路城、そうめん(揖保乃糸)、姫路城の窓の魅力と役割、これからの未来について、姫路城の謎の壁の穴、あいおい矢野メロン、姫路城の鯱瓦

 姫路研究発表を終えて(中高一貫コース主任)

講評 姫路研究のテーマ

  1. 姫路研究のねらいについて再確認
    ・自分たちが通学している姫路を調べることで、姫路に対する理解を深める
    ・実地調査の方法を学び、研究を進める上での「聞き取り」の重要性を理解する
    ・プレゼンテーションの方法を学び、発表技法の向上を図る
    ・地元を知り紹介できるようになることで、世界で通用する情報発信力を育成する

  2. 良い発表とは
    ・発表のテーマ(主題)がはっきりしており、話の筋道が通っていること。
    ・情熱があること

生徒の感想一部抜粋

  • 実際に現地に行って取材をし、グラフを使った発表で分かりやすかった。
  • インターネットではわからないことがわかった。
  • 鯱瓦に注目したことがなかったが、今後見てみようと思った。
  • 話し方や表現の仕方(ジェスチャー)も工夫している人がいてよかった。次回は自分も取り入れたい。

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント