1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. (高校2年)2018年度「東北修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子|南三陸鉄道震災学習他

(高校2年)2018年度「東北修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子|南三陸鉄道震災学習他

2018年10月23日(火)~24日(水)

ワークショップの様子

 2018年10月23日(火)から26日(金)にかけて、「東北修学旅行」に参加する高校2年生の様子をお伝えします。修学旅行では、中学校入学以来、キャリア・フロンティアプログラムで継続してきた震災学習の一環として、南三陸町および三陸海岸を訪問し、東日本大震災の復興に携わる方々の経験を通して、日常の防災に対する意識を高めます。また、東北の歴史・文化・自然に直接触れ、さらに知見を広めていきます。

 今回は修学旅行1日目の夜に行った震災学習・ワークショップと2日目の様子です。

1日目の夕食後

震災学習・ワークショップ

震災学習の様子 震災学習の様子 ワークショップの様子 ワークショップの様子

 夕食後、南三陸ホテル観洋で震災学習とワークショップにのぞみました。はじめに講師の方から、観洋が東日本大震災に際して避難所としてどのような役割を果たしたのかについて、お話をうかがいました。避難されていた方が生活不活発病にならないように、さまざまな行事を通じて被災者の絆をつくっていこうとする取り組みが印象的でした。
続いて防災に関するワークショップに入り、「携帯電話がつながらない場合の連絡手段がありますか」と「避難所生活で必要なものを可能な限りピックアップしてください」という2つの課題を全員で話し合いました。たいへん活発な議論を通じて斬新なアイデアが次々と出され、講師の先生からも「すばらしいワークショップでした」と高い評価をいただきました。

2日目

朝食と南三陸ホテル観洋退館式、奇跡の一本松の車窓

朝食の様子 退館式 車窓(奇跡の一本松) 陸前高田車窓

 2日目は朝食、そして退館式をすませたあと予定通りにホテルを出発しましたが、気仙沼市付近で渋滞にかかったため、この後のスケジュールの一部を変更せざるをえなくなりました。バス内から陸前高田市の「奇跡の一本松」や浸水エリアを車窓から見学しました。記録をとりながら、ガイドさんの説明をしっかりと聴くことができました。

三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム

三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム 三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム 三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム 三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム 三陸鉄道南リアス線 震災学習プログラム

 予定より30分ほど遅れて三陸鉄道南リアス線の盛(さかり)駅に着き、その後、車内で語り部さんからのお話をうかがいました。車窓からみえる景色をみながらお話を聴くことで、生徒たちは被災・防災についての学びをより深めていました。

浄土ヶ浜での遊覧船(ウミネコの餌付け体験)と昼食

ウミネコの餌付け 遊覧船 遊覧船 浄土ヶ浜 昼食 昼食

 南リアス線の終点である釜石駅からバスに乗車し、昼過ぎに浄土ヶ浜に到着しました。浄土ヶ浜レストハウスで昼食をとった後、遊覧船に乗り、生徒たちは配付された「ウミネコパン」でウミネコの餌付けを体験しました。生徒たちの周りには、これまで見たこともない数のウミネコが群がり、ほとんどの生徒が驚きながらも夢中で餌やりを体験していました。

遠野ふるさと村

遠野ふるさと村 遠野ふるさと村 遠野ふるさと村

 遊覧船の後、釜石を経由し、日の入り直前に遠野ふるさと村に到着しました。ふるさと村では古民家の中で、遠野に伝わる昔話を、遠野の方言でお話しいただきました。生徒たちは、わからない方言にも懸命に耳を傾け、東北の伝統の一端にふれることができました。

ホテル花巻入館式

ホテル花巻入館式 ホテル花巻入館式

 真っ暗になったふるさと村を出てホテル花巻に着き、入館式をすませて夕食をとりました。少し疲れがみえる生徒はいますが、全員がここまでしっかりと行程をこなしています。

 次回は10月26日の午前中に、3日目の様子を公開する予定です。

別日の様子

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント