1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. (高校1年)2018年度 バイオ・ナノセンター課題研究プロジェクト発表会

(高校1年)2018年度 バイオ・ナノセンター課題研究プロジェクト発表会

2018年9月22日(土)

発表会の様子

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、高校1年生が「バイオ・ナノセンター課題研究プロジェクト発表会」を行いました。バイオ・ナノ分野において世界の最先端の研究が行われている東洋大学大学院のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターの指導を受け、生徒たちは5月から課題研究に取り組んできました。8月には埼玉県川越市にある同センターを訪れ、3日間にわたる実験、研究に参加しました。7種類の大型電子顕微鏡が1ヵ所にそろうなど世界にも類をみない施設と研究を誇る機関と連携し、高校生が最先端の実験、研究した成果を発表しました。各班の発表資料は英語で作成しました。

発表の様子「映像」

発表の様子「写真」

テーマ一覧

・カーボンナノ構造体の合成・観察 ・磁場による磁性ナノ・マイクロ粒子の制御 ・細菌の電子顕微鏡解析 ・細胞の共焦点蛍光顕微鏡解析 ・細胞分析用マイクロ・デヴァイスの作製

発表会の様子 発表会の様子

 質疑の様子 質疑の様子

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター 前川 透センター長による講評

講評の様子

 本日は東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターの前川透センター長(教授)も来校していただき、発表を見ていただきました。また、インターネットでつないた同センターの教授陣からもご意見をいただきました。前川透所長からは「発表能力、英語で書く能力が大切です。また、ディスカッションやクエスチョンが非常に重要です。将来がわからないこれからの時代ではクリエイティビティが必要です。」と話しがありました。

前回までの様子はこちら

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント