1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. (高校1年)2018年度東京研修【東洋大学大学院連携】ナノセミナー、課題研究開始

(高校1年)2018年度東京研修【東洋大学大学院連携】ナノセミナー、課題研究開始

2018年8月20日(月)

課題研究の様子

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、高校1年生が「課題研究・東京研修」に取り組んでいます。東洋大学大学院のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターに協力していただき、ナノスケールにおいて発現する現象を理解し、ナノ構造体の作成・観察・分析・解析などを行っています。今後は事後研究を行い、9月に本校で発表会を実施します。

東洋大学 バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの課題研究

バイオ・ナノ研究センター到着! 教授・研究者との昼食

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター到着 ウェルカムボード 昼食の様子 

 バイオ・ナノ研究所に到着しました。研究所の入り口にはウェルカムボードとともに職員の方が暖かく出迎えていただきました。
学生食堂に向かい、テーマ毎に別れて先生方と一緒に食事をいただきました。

ナノセミナー

ナノセミナー 

 バイオ・ナノ研究センター長の前川透先生から「科学と技術のための英語」について、お話をいただきました。論文投稿の英語は、good englishでなければ受け付けられない。そのためにも、日本で広くカタカナ英語が溢れているが、原語を大切にすることが重要だ。また、アインシュタインの『想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。』を例に挙げて若い研究者の卵である生徒達に応援のエールを送ってくださいました。

 課題研究開始

班別研修の様子 班別研究の様子

 研究テーマ毎に6つの班に別れてオリエンテーションと試料調整を行いました。事前に何度も担当指導教官とテーマについての学習を行ってきており、スムーズに取りかかることができました。研究テーマは、「磁性粒子の自己組織化現象」「共焦点レーザー顕微鏡による細胞の観察」「走査型電子顕微鏡による細胞の観察」「炭素ナノ構造物の創成と観察」「誘導加熱による生体反応の促進」「リソグラフ技術を用いたマイクロ流路の作成とその応用」です。

神経細胞の観察とガン細胞の観察、クリーンルームでの研修

神経細胞の観察 ガン細胞観察 クリーンルームでの研修

施設見学

透過型電子顕微鏡や微生物を観察する部屋など、最先端の研究施設を見学させていただきました。

施設見学の様子 電子顕微鏡の部屋 透過型電子顕微鏡 微生物を観察する部屋

 17時には研究所からホテルに向かいました。ホテル到着後、おいしいコース料理をいただきました。夕食後は研修のまとめ学習と自学自習を行いました。明日はテーマごとに分かれて本格的に実験開始です。

夕食の様子 夕食の様子

前回までの様子はこちら

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント