1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. (高校2年)平成30年度カナダでのPBLプログラム-2~4日目 歓迎式、PBLプログラム開始-

(高校2年)平成30年度カナダでのPBLプログラム-2~4日目 歓迎式、PBLプログラム開始-

2018年8月7日~9日(火~木)

 東洋大学の海外協定大学の1つであるカナダのThompson Rivers University (TRU)で行うPBLプログラム(課題解決型学習)を、8月6日から8月21日にかけて行います。本日はPBLプログラム2日目から4日目の様子をお伝えします。

PBLプログラム2日目

 2日目は歓迎式、プログラムとホームステイに関するオリエンテーションののち、午後は大学キャンパスとカムループス市内のツアーに出かけました。

PBLプログラム・ホームステイオリエンテーション

 

大学キャンパスとカムループス市内ツアー

 

PBLプログラム3日目

 3日目からはPBLプログラムが本格的に始まり、モザイクカナダを理解するための基本的な知識(文化の多様性やパラダイムなど)をおさえ、ブレインストーミングや議論の方法の基礎を学びました。午後はカナダのおもに文化の多様性をテーマにしたクイズに取り組みました。この日の放課後は、カムループス市内で開かれたお祭りにも参加し、地域の文化に触れてきました。

PBLの様子

 CULTUREの定義を考え、それぞれの定義の問題点をグループごとに議論し、先生が問題点を解説してくれました。また、パラダイムの違いを生み出している原因を考察しました。

   

文化の多様性をテーマにしたクイズ

 目的の写真を撮り、2人以上の先生に日本語であいさつをし、日本語の意味を説明しました。

 

FOODTRUCK FESTIVAL _ MUSIC

 お祭りに参加し、途中ダンスに参加するなど楽しそうに時間を過ごしました。

 

PBLプログラム4日目

 4日目はグローバリゼーションについて、アメリカ文化と日本文化との比較を通して理解を深めたのち、「文化はどの程度まで保存(継承)されるべきか」をテーマに議論を深めていく方法を学び、午後はカナダについての質問を各自で調べ、クイズ形式でそれぞれが学んだことを発表していきました。大学生が学ぶような高度な内容のプログラムですが、生徒たちは楽しみながらも真摯に課題に向きあっています。体調を崩す生徒もなく、みんな元気に過ごしています。

PBLプログラムの様子

    

カナダについての質問を調べ、クイズ形式で発表する様子

   

他日の様子はこちら

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント