1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. 平成30年度 1学期終業式を行いました。

平成30年度 1学期終業式を行いました。

2018年7月20日(金)

始業式 校長あいさつ

 校長は式辞で平田オリザ著『わかりあえないことから-コミュニケーション能力とは何か-』の一節を紹介し、「これからの時代に必要なコミュニケーション能力とは、わかりあえないことを前提として、どうにかして共有できる部分を見つけ、それを広げていく能力だ」と訴え、人の気持ち、痛みを感じることができる皆さんであってほしいと話しました。
 終業式後、代表の生徒が「この1学期間を振り返って」という話しをしました。その後、「夏季休業中の学習について」「夏季休業中の生活について」担当の教員が話しました。また、表彰伝達式、英検2級、準2級取得者の紹介、空手道部の全国大会壮行会を引き続き行いました。

校歌斉唱と校長式辞の様子

校歌斉唱 校長式辞

代表生徒「この1学期を振り返って」の様子

代表生徒「1学期を振りかえって」

 新入生を迎え、新しいスタートを切ってから、早くも3ヶ月が経ち一つの区切りを迎えました。
1学期を振り返ると、学習面では、どの学年もキャリア・フロンティアを精一杯頑張り新しい発見ができたこと、生活面では、みんな落ち着いて学校生活を送れたことが、とても良かったと思います。しかし、2分前着席など時間が守れないことや、トイレのスリッパが揃っていないことがあるなど、まだまだ改めなくてはいけないこともありました。しかし、学年毎の成長も感じます。1年生は、野外オリエンテーションや様々な行事を通して、次第に中学校生活に慣れ中学生らしくなったと思います。2年生は、先輩としての自覚を持てるようになりました。また、最高学年として、いつも努力しておられる3年生は、私たち下級生のお手本でした。来週行われる3年生の京都研究ポスターセッションは、下級生一同とても楽しみにしています。
 夏休みがもうすぐはじまりますが、私は、今まで長編の本を読み通したことがないので、この期間にじっくりと読書をしたいと考えています。180名が一人ひとり夏休みの目標を決め、いろんなことにチャレンジし、力をつけ、有意義に過ごしたいです。
 2学期には、大きな行事がいくつもあります。姫路研究発表、神戸校外学習、バイオテクノロジー入門、広島平和学習、沖縄修学旅行などがあります。2学期もこれらの行事に全力で取り組みながら、しっかり学習もしたいと思っています。そのためにも、夏休みまでの期間に、1学期にできなかったことをひとつひとつ気をつけて改め、中学校全体で成長できるようにしていきたいです。

英検2級、準2級取得者の表彰

英検取得者披露

  • 英検2級合格者   3年生、2年生、1年生から各1名ずつ
  • 英検準2級合格者 3年生5名

全国大会壮行会と表彰伝達式

壮行会 壮行会 表彰伝達式

 学校長は「全国大会の会場で自分の力を出し、他府県の選手との交流も深め、人間的に成長して帰ってきほしい」と激励しました。
 全国大会出場者は「1回でも多く勝って、以前の結果を上回れるように頑張ってきます」と抱負を語りました。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント