1. 附属姫路中学校 >
  2. >
  3. 2018年度のニュース一覧 >
  4. 平成30年度2学期終業式を行いました

平成30年度2学期終業式を行いました

2018年12月21日(金)

生徒代表の言葉 校長あいさつ

 2学期終業式を行いました。校長は式辞の中で、高校でのキャリア・フロンティアの取り組みである「修了研究」、「カナダPBLプログラム」、「東北修学旅行」の紹介をし、多様な価値観を理解し、互いに認め合いながら協働することの大切さを説きました。終業式後は、表彰伝達式と英語検定・漢字検定上位級の取得者の披露を行いました。その後、生徒代表による「この1学期間を振り返って」、担当教員による「冬季休業中の学習」、「冬季休業中の生活」について話しがありました。

12月25日~12月28日は冬季補習(午前)となります。また、1月7日は冬季補習(午前)のあと、午後は自学自習や震災学習を行います。

生徒代表の言葉

表彰伝達と英検準2級、漢検準2級取得者の披露

表彰伝達 表彰伝達

  • 第51回兵庫県空手道選手権大会 中学1年女子形競技 優秀賞、中学3年女子形競技 第3位
  • 平成30年度西播磨短歌祭 兵庫県西播磨県民局長賞
  • 第68回全国小・中学校作文コンクール 優秀賞 2名
  • 第38回全国中学生人権作文コンテスト 兵庫県大会姫路地区予選 佳作 3名
  • 平成30年度 姫路市非核平和展 入選 2名
  • 第62回JA共済小・中学生書道コンクール 努力賞 5名
  • 第34回みなぎの書道展 三木市連合PTA会長賞
  • 英検準2級取得 5名
  • 漢検準2級取得 1名

この他に第38回全国中学生人権作文コンテスト、税についての作文について本校あてに感謝状をいただきました。

生徒代表の言葉 「2学期を振り返って」の様子

生徒代表の言葉 

 長いと思っていた2学期も、あっという間に過ぎてしまいました。2学期には、3年生は修学旅行、1・2年生は広島や神戸での校外学習、ブライトン校生の訪問など、多くの行事もありました。
冬期補習はありますが、明日からは冬休みです。冬休みに限らず、長期休業の前にはいつも、「宿題をがんばろう」「苦手な分野を克服しよう」「手伝いをしよう」などと言われてきました。振り返ってみると、面倒に思えて嫌々取り組んだこともありました。しかし、本当に大切なのは、「やれ」と言われたからではなく自主的に取り組むために、自分で何故やるべきなのかを考えることだと気づきました。
何故私たちは勉強しなければならないのか、ということも考えてみました。「将来のため」「自分のため」ということが浮かんできました。しかし、京都大学の瀧本哲史先生は「ミライの授業」という著書の中で、「どんな大発明、大発見も、すべて学校で学んだ知識をベースに成し遂げられてきた。勉強の目的は、良い大学、良い会社ではなく、輝かしい未来を作るためだ」と述べられています。私はこのことから、学校で学ぶということは「未来をつくる」ことだと理解しました。
今年度も、あと3学期だけとなりました。特に私たち3年生にとっては、中学校生活はあと3ヵ月足らずです。冬休みの間にもう一度、学ぶことや学校の意味を、誰もがしっかりと考え、3学期が「未来をつくる場」となるよう、努力していきたいと思っています。そのために、有意義な冬休みを送りたいです。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  中高一貫の強み,先取り学習を可能にする  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント