1. 附属姫路中学校 >
  2. 学校紹介 >
  3. 学校長あいさつ

学校長あいさつ

6年間の中高一貫教育で自ら調べ、考え、計画し、行動できる人材を育成します。

校長写真

東洋大学附属姫路中学校・高等学校長
大森 茂樹
Shigeki  Omori

 本校は、地元姫路市の強い要請を受け1963年(昭和38年)に男子校として設立され、1989年(平成元年)には男女共学となり、2013年(平成23年)に創立50周年を迎え記念校舎を竣工、翌年2014年(平成26年)4月に姫路市唯一の男女共学中高一貫の東洋大学附属姫路中学校を開校しました。

 130年を超える歴史と伝統を誇る母体の東洋大学は、創立者井上円了の建学の精神「諸学の基礎は哲学にあり」を根幹に据え、「哲学教育」を基盤に、「国際化」「キャリア教育」の3つを教育の柱とし、時代や環境の変化に流されることなく物事の本質を深く考え、自分の未来を切り拓くことができる「グローバル人財」の育成をめざしています。

 附属学校である本校も、この3つの柱を踏まえた教育を展開すべく、「考えるを、学ぶ。」を合言葉に、物事の本質に向かって深く考える「哲学教育」、日本の伝統も重んじつつ語学力を高め国際社会に通用する人材を育てる「国際化」、そして、向学心を喚起し、大学入学から就職後までを見据えた「キャリア教育」を行っています。

 “今の子どもたちの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く”といわれるほど、社会変化が激しい時代です。そのような時代を生きる子どもたちに必要なのは、十分な知識・技能に加えて、自ら課題を発見し、解決する力です。それには他者との協働や新しい価値を創造することなども求められるでしょう。本校は開校時から「キャリア・フロンティアプログラム」で考える力と豊かな人間力を育み、「国際交流プログラム」で高いコミュニケーション力を持つ真のグローバル人財の育成に力を入れています。これらのプログラムは、6年間の中高一貫教育のメリットを活かした時間的なゆとりに加え、標準授業時間よりも3年間で840時間も上回る学習時間を確保しているからこそできる体系的な教育プログラムで、様々な体験学習・探究活動を通して生徒に感動を与えながら、個々の成長を重んじつつ、全力で一人ひとりの夢の実現をサポートします。

 今春、中高一貫コースの1期生が本校を卒業していきました。東京大学をはじめ、国公立大学や東洋大学も含めた私立大学に合格し、自分の未来を主体的に切り開くべく歩みだしています。創立者井上円了先生は「人間一生のうちにおいてその愉快なるときは、学生時代に及ぶものはない」と言われていました。自己錬磨は時には厳しいものですが、成長していく日々は心地よく、愉快なものです。そのような学生時代を創生する学校でありたいと願っています。そのために、『生徒と教職員が共に成長し、常に進化し続ける学校づくり』に全力で取り組みます。教育は「共育」だと考えています。生徒を中心に教職員が共に成長することで、生徒はより一層成長していきます。

 新しい学び舎の東洋大学附属姫路中学校で、皆さんの夢の実現を一緒に頑張ってみませんか!!

本校が理想とする人間像

1.多様な価値観を学習し理解するとともに、自己の哲学(人生観・世界観)を持つ人
2.先入観や偏見にとらわれず、物事の本質に迫り、論理的・体系的に深く考えることのできる人
3.社会の課題に自主的・主体的に取り組むとともに、良き人間関係を築き協調できる人


学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア  先取り学習を可能にする 中高一貫の強み  一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境  グローバル人材を育成する 国際交流プログラム  入学試験結果  東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント