1. Toyo University TOP 東洋大学TOP
  2. イベント
  3. 研究
  4. 研究所・センター
  5. 国際共生社会研究センター
  6. The center held a special seminar国際共生社会研究センター主催 特別セミナーを開催いたしました。
MENUCLOSE

The center held a special seminar 国際共生社会研究センター主催 特別セミナーを開催いたしました。

Special Seminar, Discussing Social Inclusion from the perspective of SDGs

-Empowerment of persons facing social disadvantage-

(Nov. 29, 2018, Toyo University, Tokyo, Japan)

11月29日セミナーチラシ英語
Date: 29th November 2018
Venue: 125 Memorial Hall, Hakusan Campus Toyo University
Organized by: Graduate School of Global and Regional Studies
                Center for Sustainable Development Studies of Toyo University
Supported by: Research Center for Development of Welfare Society, Toyo University
                Center for student wellness, Toyo University

 

Program: (14:30 Open)

 

15:00-15:45 Keynote lecture

"Social Inclusion and Sustainable Welfare: Two inter-linked global challenges"

Dr. Bj ørn Hvinden (Professor, NOVA Norwegian Social Research, Oslo Metropolitan University)

 

16:00-17:15 Panel Discussion

"Social Inclusion form the perspective of SDGs: Empowerment of persons facing social disadvantage"

Panelist: Dr. Kenji Kuno (Senior Advisor on Social Protection for the JICA)

"The Social Model of Disability as a platform for Social Inclusion on disability: Theory and practice"

Panelist: Dr. Ryoko Shimano (Research Fellow of Cesdes, Toyo University)

"Empowerment to the people with disability and Capacity Development: The effect of psychological barrier"

Guest: Zukiswa Nzo (Master course student, Graduate School of Regional Development Studies, Toyo University)

"Towards Sustainable development with persons with disabilities: A case of the JICA & DSD (department of social development) Disability Mainstreaming Project in South Africa"

 

Discussant: Dr. Bj ørn Hvinden

Moderator: Chino Yabunaga (Professor, Graduate School of Regional Development Studies, Toyo University, Researcher of Cesdes)

 

特別セミナー:SDGs と社会的包摂
社会的不利な状況にいる人のエンパワメント
(開催:11月29日(木)、東洋大学白山キャンパス)

11月29日セミナーチラシ日本語
開催日:2018年11月29日 木曜日
会場:東洋大学白山キャンパス8号館7階125記念ホール
主催:国際共生社会研究センター
共催:東洋大学大学院国際学研究科
   東洋大学国際共生社会研究センター
後援:東洋大学福祉社会研究開発センター
   東洋大学ウェルネスセンター

 

プログラム:(14:30開場)

 

15:00~15:45 基調講演

ビョルン・ヴィンデン氏 (ノルウェー・オスロ首都大学、教授)

『社会的包摂と持続可能な福祉:グローバル社会において相互に関連する二つの課題』

 

 

16:00~17:15 パネルディスカッション

『SDGsと社会的包摂:社会的不利な状況にいる人のエンパワメント』

パネリスト

久野研二氏 (JICA国際協力専門員:社会保障)

「社会的包摂と障害をめぐる土台としての『障害の社会モデル』:その理論と実践」

島野涼子氏 (国際共生社会研究センター、客員研究員)

「障害者のエンパワメントとキャパシティ・ディベロップメント:心のバリアが与える影響」

ンゾ・ズキスワ氏 (学生パネリストABEイニシアティブ研修生)

「JICAと南アフリカにおける障害者主流化プロジェクト:障害者の持続可能な発展に向けて」

 

討論 ビョルン・ヴィンデン氏

司会 藪長千乃 (東洋大学大学院国際学研究科教授、国際共生社会研究センター研究員)

 

懇親会 17:30~19:00 トレスダイニング(東洋大学白山キャンパス8号館1階)

 

 

 

【主催/問合せ先】

東洋大学国際共生社会研究センター 8号館7階、 Tel: 03-3945-7747, E-mail: cesdes@toyo.jp 担当者:眞子(まなご)