第7回こもれび祭(2016年度)にて第1回ホームカミングデーin川越を開催しました

 平成28(2016)年11月5日(土)、東洋大学川越キャンパス第7回こもれび祭において、川越キャンパス同窓連絡協議会・同窓会連合の共催による、『第1回ホームカミングデーin 川越』を実施いたしました。この行事は、卒業生の皆様が交流する場として設けられてきた、『卒業生サロンコーナー』を発展させ、『ホームカミングデー』として行ったものです。

 当日は、天候に恵まれ、延べ150名ほどの卒業生や近隣の皆様にもご来場いただき、活気に溢れておりました。

 メインイベントである、三遊亭遊喜師匠[平成7(1995)年工学部応用化学科卒業]の落語会は、11時と15時の2回の寄席を行いました。師匠の粋なお計らいとして、2回の寄席で異なった多彩な題目をご披露いただきました。題目の内容として、ホームカミングデーにちなんだものを初めとして、時事、家族等に関するものをご披露いただき、会場は笑いにつつまれました。

 パネル展示コーナーでは、昭和36(1961)年に川越キャンパスが開設された当時の写真や鶴ヶ島駅周辺の地図・風景写真等の展示を行いました。開設時から現在の新しいキャンパスへの移り変わり様に話を弾ませる卒業生の方もいらしゃいました。

喫茶コーナーでは、卒業生同士の語らいの場として、茶菓を提供させていただきました。また、オリンピック・リオデジャネイロ大会に日本代表として出場した本学選手の報告会の映像を放映しました。[平成28(2016)年10月3日(月)白山キャンパス実施映像の放映] 今後とも、卒業生・同窓会行事に対する、卒業生の皆様のご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。