MENUCLOSE

Happy 食事ライフ

Happy 食事ライフ

食は生活の基本といっても過言ではありません。栄養バランスを意識しながら、規則正しく食事を摂り、健やかな食生活を送りましょう。

自分の標準体重(BMI)を知ろう

まずは、健康的な体重かどうかを知るために標準体重とBMIを計算してみましょう。

  • 標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22
  • BMI※1) = 体重(kg) ÷{身長(m)}²

※1)BMIとは、Body Mass Indexの略で、肥満の判定に用いられるものです。最も疾病の少ないBMI22を基準としています。

BMI指数

  • 18.5未満:低体重。感染症などのリスクが高い体重。低栄養状態。
  • 18.5 ~ 25未満:普通。健康的、正常な体重。BMI指数22が最も病気になりにくいとされている値。
  • 25以上:肥満。生活習慣病のリスクが高い体重。

医務室便り(平成28年秋号)「やせ型の体型について」 [PDFファイル/292KB]

自分に必要なカロリーはどのくらい?

大学生男女(18~29歳)に必要な一日の熱量(エネルギー量)

身体活動レベル1(低い)※2) 2,300kcal 1,750Kcal
身体活動レベル2(普通)※3) 2,650Kcal 2,050Kcal

※2)身体活動レベル「低い」:1日のうち座っていることがほとんどの人

※3)身体活動レベル「普通」:座り仕事が中心で、歩行や軽いスポーツ等を1日5時間程度行っている人。クラブやサークル、アルバイトなどで、さらに強い運動、労働を行っている人は、体を動かす量に合わせて摂取エネルギーを増やす必要があります。

食事バランスガイドを用いて食事を考えてみよう

栄養バランスの画像

「食事バランスガイド」とは、厚生労働省・農林水産省が決定したもので、1日に「何を」「どれだけ」食べたら良いかをコマをイメージしたイラストで示したものです。一度、あなたの食事バランスをチェックしてみませんか。

「食事バランスガイド」 [PDFファイル/499KB]
「食事バランスチェックブック」 [PDFファイル/348KB]

陥りやすい食生活の3タイプ

(1)朝食を抜いてしまう

食事の画像

睡眠中にエネルギーを使い切ってしまったのに、朝食を抜くとエネルギーが補給されず、飢餓状態が続きます。中でも脳は、体の中でもたくさんのエネルギーを消費する器官なので、朝食を抜くとエネルギー不足は深刻。勉強や仕事の能率が上がらなくなります。「食べる時間がない」「食欲がなくて食べられない」とあきらめずに、おにぎりや野菜ジュース、ヨーグルト、牛乳など、少しでも毎日朝ごはんを食べる習慣を身につけることが大切です。

医務室便り(平成29年春号)「『朝ごはん』食べていますか?」 [PDFファイル/286KB]

(2)カップラーメンやファストフードを良く食べる

食事の画像

カップラーメンやファストフードには、脂質、糖分、塩分が多く含まれ、栄養も偏っています。また、口当たりが良く軟らかい食べ物が多いので、早食いになる傾向があります。これらは便利で安価な食べ物ですが、食べ続けると特定の栄養素が不足したり、食べ過ぎると肥満や生活習慣病の原因になったりします。食事は単品・短時間で済ませず、できるだけ主食+主菜+副菜のそろった内容を心がけましょう。

*各キャンパス保健管理室/医務室では、簡単なレシピなども用意してありますのでご利用ください。

(3)夜間に大食いする

食事の画像

夕食には、その日に消費された栄養素や、睡眠中に進められる骨や筋肉づくりに必要なたんぱく質やミネラルを補給する役割がありますが、1日の活動を終え、食べた後は眠るだけです。夕食の時間が遅いと、空腹のため食べ過ぎになりがちで、しかも脂肪の多い食事内容だと余ったエネルギーが体脂肪となって蓄えられ、肥満の原因となります。また、消化にも時間がかかるため、胃もたれ、不眠、翌朝の食欲低下につながります。

2018年11月19日更新

Happy 食事ライフ
生理痛とセルフケア
薬の知識
快適な眠りのために
健康コラムに戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)