奨学金「RIBBON」による 生計維持者失職に対する緊急支援

東洋大学コロナ対策特別奨学金RIBBONのイメージ画像

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生計維持者(父/母)が失職したことにより、経済的に困窮している学生の修学継続支援を目的として、奨学金「RIBBON」による緊急支援を実施します。「RIBBON」は校友会・甫水会(保護者)・役員・教職員をはじめとする皆様からの寄付を原資としています。

参考Link >新型コロナウイルス感染症に伴う学生支援へのご協力のお願い

 

以下の内容は募集要項の内容を抜粋したものです。
申請を検討されている方は、必ず、こちらの書類を確認してください
なお、「申請フォーム」、「お問い合わせフォーム」はページの最下部にあります。

 

募集要項


よくある質問Q&A

  

制度概要

(1)対象学生

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生計維持者(注1)が失職したことにより、経済的に困窮している通学課程に在学している学部生。
ただし、以下の学生は対象外とします。
・休学中の学生
・大学院生、通信教育課程の学生、交換留学生、科目等履修生、特別科目履修生、受託学生、外国人研修生、研究生、特別学生
・生計維持者(父/母)が海外で就労しており、日本国内で発行された申請書類の提出ができない場合
・すでに再就職をしており「雇用保険受給資格者証」が提出できない場合

(注1) 生計維持者とは…父母のことを指します。
(父母ともにいない場合は、代わって家計を支えている人となります。生計維持者の考え方については、FAQを確認してください)

(2)給付金額(返還不要)

 支給額  学部・学科
 20万円  【第1部】文学部、経済学部、経営学部、法学部、社会学部、国際地域学部、国際学部、
国際観光学部、ライフデザイン学部(生活支援学科、健康スポーツ学科)
 10万円  【第2部】文学部、経済学部、経営学部、法学部、社会学部、国際学部イブニングコース
 25万円  理工学部、総合情報学部、ライフデザイン学部(人間環境デザイン学科)、
生命科学部、食環境科学部、情報連携学部

(3)採用人数

申請受付順に審査を行い、予算の範囲内での採用となります(予算の上限に達した場合には募集を終了することがあります)。

申請期間

2021年4月1日(木)~2022年2月28日(月)
※¹原則として失職が発生してから3か月以内の申請が必要です(2020年12月以前の失職は不可)。
※²2021年度4月新入生については、入学前の2021年1月1日~3月31日までに生計維持者が失職した場合も対象となりますが、その場合は2021年6月30日(水)までに申請する必要があります。※³4年生については、卒業までの在籍期間が3か月に満たない場合は申請対象外となります。

申請資格

(1)失職状況

①生計維持者(父または母)が勤務先を解雇された場合

新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年1月1日以降に生計維持者(父/母)が勤務先を解雇(※)となり、家計が困窮し修学に困難が生じている学生。
(※)「雇用保険受給資格者証(第1面)」に記載の『12.離職理由』が、下記の離職理由コードに該当していること

 ≪離職理由コード≫
 11  解雇(3 年以上更新された非正規社員で雇止め通知なしを含む)
 12  天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
 21  雇い止めによる解雇(期間の定めのある雇用契約(1 年未満)を3 年以上繰り返し、事業主側の事情によって契約満了、又は雇い止めとなったために離職したとき)
 22  倒産・退職勧奨・法令違反等の正当な理由のある自己都合退職
 23  期間の定めのある労働契約の期間が終了し、かつ、次の労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が更新を希望したにもかかわらず、更新できなかった場合)
 31  事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
 32  事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
 33  正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12 か月以上)
 34  正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12 か月未満)
以下の場合は申請対象外となります。
・離職理由が指定されている『離職理由コード』にあてはまらない場合。
・雇用保険に未加入等により「雇用保険受給資格者証」※が発行されない場合。
※「離職票」では申請することはできません。

②生計維持者が(自営業を)廃業した場合

新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年1月1日以降に家業が廃業となり、家計が困窮し修学に困難が生じている学生。
以下の場合は申請対象外となります。
・廃業等届出書(控用)に税務署受付印の押印が無い場合。
・廃業等届出書が手元になく、提出することができない場合。
※自治体等で発行した「廃業届出済証明書」が提出できる場合は申請可能です。

 

(2)収入基準額

上記の失職状況①、②いずれの場合も、失職した方を除いた生計維持者の所得証明書に記載された金額が、下記を超えないこと。
・給与所得者・・・給与収入額 841万円
・給与所得者以外・・・所得金額 355万円

(3)成績基準

1 年生・・・履修登録を完了した者。
2 年生以上・・・前学年終了時の修得単位数(卒業必要単位のみ)が下記の基準を満たす者。
〔 2 年生:30 単位以上 / 3 年生:60 単位以上 / 4 年生:90 単位以上 〕

(4)その他

・本奨学金は、本学の他の奨学金との併給が可能です。(日本学生支援機構奨学金との併給も可能)民間団体等の学外奨学金との併給については、各団体の併給要件を確認してください。
※2020年7月に募集を行った東洋大学新型コロナウイルス感染症対策特別奨学金「RIBBON」との併給も可能です。
・本奨学金は、申請期間中に一回限り受給することができます。

 

申請手順

申請可能期間は、失職の発生時期等により異なります。詳しくは募集要項を確認してください。

  <申請手順1>    内容
【申請フォームへの入力】
(Googleフォーム)
東洋大学のGoogleアカウントでログイン
本学の「RIBBON」申請フォームより、必要事項を入力し申請してください。
※申請フォーム入力時には「雇用保険受給資格者証(第1面)」または「税務署受付印のある『廃業届』(控用)」の画像データ提出が必要です。
 <申請手順2>  内容
【書類提出】  申請フォーム入力後、ToyoNetメールで提出方法をお知らせします。
 【選考結果】  書類提出後、1か月程度でToyoNetメールへご連絡します。
 【奨学金の支給】  選考結果後、2週間程度でToyoNet-G「学生振込口座登録」に登録されている口座に振込します。
(具体的な支給日については、選考結果通知のメールにてお知らせします)
 

問い合わせフォーム

多くの申請が予想されます。迅速な選考・支給処理が必要なため、電話、メール等のいかなる手段の問い合わせにもお答えできません
不明な点がある場合は、本ページの上部に添付されている募集要項とFAQをご確認ください。
募集要項とFAQに記載がない点については、お問い合わせフォーム(Googleフォーム)※に入力してください。
※東洋大学のGmailアカウント(toyo.jp)でログインする必要があります。個人のGmailアカウントをお持ちの方は一度ログアウトしてください。
回答には、原則、5営業日程度要します。

問い合わせフォーム(Googleフォーム)

 

申請フォーム

募集要項を熟読された上で、申請資格にあてはまる方は、申請フォーム(Googleフォーム)※に必要事項を入力してください。
※東洋大学のGmailアカウント(toyo.jp)でログインする必要があります。個人のGmailアカウントをお持ちの方は一度ログアウトしてください。
回答には、原則、5営業日程度要します。

申請フォーム(Googleフォーム)