先輩からのメッセージ(河合 崇志さん)

社会心理学専攻 博士前期課程在学 河合 崇志さん

※掲載されている内容は2018年7月現在のものです。

河合さん(201807)

Q.大学院に、進学しようと思った動機・経緯は?

大学2年の時に知人が不審者の被害にあい、犯罪心理学に興味を持ち、犯罪心理学のゼミに所属しました。卒業論文を執筆するにあたり、先行研究、文献を読んでいく中でまだまだ知りたいことがあると感じ、進学を決めました。

Q.なぜこの大学院を選んだのか?

大学も東洋大学だったので他大学の大学院よりも環境面で安心できると感じたことと、卒業論文から見ていただいてる先生の指導を引き続き受けられるということが決め手でした。

Q.大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことはありますか?

学んでいくうえで感じたのは、一人で考えることには限界があるということです。大学院で研究していく中で先生や先輩などから様々なご指摘をいただくことが多く、全く関係ないと思っていた領域からの視点や理論など周囲から得られるものが数えきれないほどあると感じています。

Q.大学院の魅力は?                                                       

総合研究という授業があり、他のゼミ生や先生方の前で研究について発表する機会があり、様々な指摘や感想をいただくことができ、自分の研究をより深くできる時間だと感じています。

Q.大学院生活の中で辛かったことを教えてください。

学部とは違い、授業を受けるというよりも参加するといった形で、ディスカッションや発表といった事前の準備に時間を多く割く必要があるため、スケジューリングが大変でした。

Q.論文の研究テーマ・授業の内容                            

研究テーマ:インターネット上における炎上の拡散要因の検討。

Q.指導を受けた「教員」との「エピソード」を教えてください。

大学院で研究するにあたり、研究者としての姿勢など心理学以外のことを教えていただき、学部生との違いを認識することができました。

Q.将来への展望、大学院での学びを通して、今後目指したい姿や将来進みたい道は?

将来は学んだことを活かしたいと考え、法務省や科学捜査研究所への就職を志望しています。

Q.現在の「ある1週間」または「ある1日」のスケジュールを教えてください。

 
 月曜日  
 火曜日 大学内で授業補助のアルバイト
 水曜日 授業
 木曜日 大学内でアルバイト
 金曜日 授業
 土曜日  
 日曜日  

Q.今後、東洋大学大学院を目指される方たちへのメッセージを

大学院は大変なことも多いですが、それ以上に自分の興味関心について掘り下げることのできる場所だと思いますので、ぜひ一緒に学びましょう。


プロフィール

河合 崇志さん

東洋大学社会学部社会心理学科を卒業、東洋大学大学院社会学研究科社会心理学専攻に在学中。研究テーマはインターネット上における炎上。将来は学んでいる心理学を活かした職に就きたいと考え、法務省や科学捜査研究所を志望し、研究と試験勉強に励んでいます。