先輩からのメッセージ 秋山 貴伸さん

Q.進学を決意したきっかけは?

私が大学院に進学をしようと決意したのは、学部時代の私の能力・知識で社会に出るのが不安に感じたからです。目標としていた職種である研究・開発者になるために、学部4年生の1年間のみの研究活動だけではなく様々な経験・知識が得られる大学院への進学を決意しました。大学院への進学を決めた後のことですが、学部4年生の卒業研究に使用する慣れない解析ソフトの使い方・専門的な基礎知識が、身についてきたなと感じ始めたころに卒業研究が終わってしまい物足りなさを感じました。

 

Q.現在の研究テーマを教えてください。

現在、電気エネルギーを利用した3次元新移動体システムの開拓や省エネのため、電気飛行機の実用化や旅客機のハイブリッド化に向け研究が進められています。電気飛行機の実現には機体の重さが重要な課題となります。そこで我々の研究室では、実現するためのキーテクノロジーとして、推進装置であるモータの超軽量化、高出力密度化が必要であると考え、今までモータには必要であった鉄心を不要とする新しいモータの研究を行っています。解析を中心に新方式モータの特性を明らかにし、電気飛行機の実現に向け日々研究を進めています。

 

Q.研究の面白みはどのようなことですか?

研究では自分で目標を決め、それを達成するために研究計画を立て行動することが大事だと思います。学部生時の講義とは異なり、自分で研究計画を考え進めていく自由は研究の面白みの一つだと思います。また、現在まで考えられていなかった新しい研究を行うことは、どのような結果が表れるかどうかは予想通りにはいきません。考えた通りに結果が得られない事から、「何故・原因・理由」を考えるのが研究の面白い所だと思います。そこから、新しい技術と基礎知識を吸収し考え続け、自分の考えが立証させた時が一番の達成感を感じられると思います。それは、苦労した時間に比例して強く感じられるものだと思います。

 

 

Q.研究での苦労はありますか?

研究を進める中必ずどこかで壁にぶつかることがあります。新しい技術や理論の難問や物事を考えることは非常に困難で自分の考えが通用しないことが多々研究を進めていく中で起きます。その困難を乗り越えるためには、探求心を忘れず粘り強く基本から戻り考えることが大事だと思います。また、特に一番重要なことだと感じたのが研究室の仲間との意見交換が自分では気づかない視点から新しい考えが生まれることです。決して自分の力だけでこれまでの困難を乗り越えたとは考えられません。苦労・困難にぶつかる度に仲間の大切さを感じさせられました。

 

Q.学会発表に向けた取組み(準備・活動)を教えてください。

学会発表は自分の研究や考えを他大学や企業の方々に伝え、意見交換を行える貴重な機会です。当然ですが、発表可能なレベルまで日々研究を進める取り組みは計画を立て何か問題が起きても、対処できるよう余裕を持って進めるよう心がけます。また、相手に自分の考えを伝える能力を鍛える活動として、週に一回行う研究討論会(輪講)が一番と感じます。一週間行った研究活動をまとめ、担当教員と研究室の仲間の前で資料を作成し発表します。発表練習時に毎週当たり前のように行っていたことが発表の準備になっていたと感じました。

参加学会名:H30年度電気学会全国大会、H31年度電気学会全国大会、H30年度電気学会産業応用部門大会、H31年度電気学会産業応用部門大会

 

Q.学会での発表はいかがでしたか。

学会発表では自分の研究を他大学や企業の方々に聴講していただき、質疑応答により自分では気づけなかった点や今後の研究に活かせる点を得ることが出来ます。また、他大学の学生の発表を聴講することで自分の研究のためになる技術や知識を吸収できます。学会発表は研究関係のみではなく様々な方々との関係を築く貴重な機会でもあります。私は、発表会に参加することで様々な方と意見交換することができ、研究者として刺激を受けることが出来ました。

Q.今後の目標をお聞かせください。

今後は社会人としての自覚を持ち、新たなことに挑戦する開発・設計者になりたいです。そのために、残りの学生生活では基礎知識を固め、今行っている研究を発展できるよう努力しようと思います。また、国内のみではなく世界で活躍できるグローバルな技術者になるのが最大の目標です。そのため英語等の外国語に苦手意識を持つのをやめ、積極的に勉強意欲を高めていきたいと思います。将来の目標や夢を実現させるためには、いま何をすべきなのかを自分の中で明らかにし行動すべきだと思うので、残り少ない学生生活を無駄にせず、充実な時間を過ごせるよう努めていきたいと考えております。

 

Q.大学院進学を検討している人にアドバイスをお願いします。

大学院に進学したことを、私は後悔したことはありません。大学院生活で得た知識・常識・経験は学部4年間の学校生活よりも貴重かつ濃い内容でした。今、大学院への進学を検討している方は是非進学したほうが良いと思います。将来の自分に自信が持てます。また、進学を検討中の方は行動を起こし、大学院進学において悩んでいること、不安に思うことを教授や先輩方に質問してください。大学院の先輩方とはTA等で関わる機会を利用し訪ねてみてください。一人で悩まず先輩方を頼ってほしいと思います。

先輩からのメッセージトップへ