1. 東洋大学TOP
  2. 教育
  3. 大学院
  4. 法学研究科
  5. 公法学専攻
  6. 先輩からのメッセージ
  7. 法学研究科 先輩からのメッセージ(小堀 弘毅さん)

法学研究科 先輩からのメッセージ(小堀 弘毅さん)

様々な年代の方が来ているので、勉強のことだけでなく、仕事などの話も聞けて面白いです。

公法学専攻 博士前期課程1年 小堀 弘毅さん 

小堀さん写真

掲載されている内容は2015年6月現在のものです。

Q. 進学しようと思った動機・経緯は?

税理士を目指すに当たり、税法の知識を深める為に大学院への進学を希望しました。
単に試験のために条文などを暗記するよりも、大学院で学ぶ方がより税法や他の法律に関して深い知識を身につけることが出来ると考えたからです。
現在は仕事を辞め、大学院での学習に専念しています。

Q. 大学・大学院で学んでみて気づいたこと・発見したことは?

様々な年代の方が来ているので、勉強のことだけでなく、仕事などの話も聞けて面白いです。

Q. なぜこの大学・大学院を選んだのですか?

自分の卒業大学ということで通いやすい。また、公法、私法の両方を学ぶことができる。

Q. 大学・大学院での学びを通して得たものは?

様々な課題を与えられ発表をするので、専門知識も身に付き、論文の書き方も身についた。

Q. 現在の授業の内容について教えてください。

授業の内容としては、民法、会社法、行政法、租税法関連の授業を受講しています。
ほぼどの授業も毎回個人発表があり、それに対して、ほかの学生や先生と議論をします。
発表へ向けてレポートの作成や資料集めなどで、苦労することも多々ありますが、やった分だけ自分の知識となるので充実感はあります。
また他の方の意見を聞くことによって、今まで想像していなかったアイデアなども浮かんだりもするので、有意義な授業内容となっています。

Q. おすすめの科目は?

民法特論Ⅱ

自分がした発表に対して、先生が親切に解説などをしてくれます。
商法演習 こちらも自分の発表に対して、先生が親切に解説などをしてくれます。
また、発表の仕方に対しても指導をしてくれるので、プレゼンテーション能力も上がります。
租税法特論Ⅰ・Ⅱ こちらの授業は、講義形式と個人発表の形式とに分かれています。
様々な租税法の判例に触れることができ、知識も深まります。
また、個人発表に関しては、論文の書き方などを身に着けることができます。

Q. 将来への展望は?

大学院で学んだことを生かして、法律に詳しい税理士を目指していきたいと思っています。

Q. 1週間のスケジュールは?

曜日 時間・時限  概要
1限~2限 授業 その後自主学習
2限~3限 授業 その後自主学習
1限~2限~3限 授業 その後自主学習
4限~5限 授業 その後自主学習
1限 授業
  授業なし
  授業なし

Q. 東洋大学大学院を目指そうとする受験生にむけて一言メッセージをお願いします。

大学とは違い大変なことも多々ありますが、しっかりと目的意識を持っていれば、有意義な時間を過ごせると思います。