MENUCLOSE

社会学部の概要

 The Faculty of Sociologyclass landscape

教育目標

さまざまな領域の学問に触れ、知識を身につけることで、幅広く社会学を理解。そしてフィールドワークの経験を積み実証調査の能力を高めることで、社会で実際に起こっている出来事に対し多角的にアプローチできる力を養います。

概要

学理追求とその応用実践という2つのベクトルを柱にした教育を目指し、学部共通の科目として「社会学概論」「社会調査入門」「社会調査および実習」「統計情報処理および実習」「ウェブ情報処理およびプログラミング」を設置しています。なかでも特に重要な科目と捉えている「社会調査および実習」には多様なコースをそろえ、充実した科目内容を提供しています。

理論、最新の研究成果、社会統計、情報処理など他の授業で学んだ多くの知識が、この「社会調査および実習」へ応用されます。人間や社会についての本質的な理解は、本やインターネットからではなく、フィールドから自らの手で導き出すものです。

学部学科/入学定員/修学場所

社会学科

 社会学科社会学的なものの見方と技法を身につける
自ら動くことで自分たちが暮らしている時代・社会・文化を見つめ直す

社会学科の詳細ページへ

社会文化システム学科 

※社会学部 社会文化システム学科は、2020年度入試をもって募集を停止し、 2021年4月に「社会学部 国際社会学科」へ発展的改組いたしました。

社会文化システム学科社会と文化を有機的・複合的にとらえる
社会と文化を一つのシステムと捉えると、複雑な社会の現場が違う姿で見えてくる

社会文化システム学科の詳細ページへ

社会福祉学科

 社会福祉学科地域福祉を推進するリーダーを育成
社会が変わっていくなかで福祉を考える。実習と演習を重ねて実践力を身につける

社会福祉学科の詳細ページへ

メディアコミュニケーション学科

 メディアコミュニケーション学科高度情報化社会を牽引する
多様なメディアと情報の社会的特性を研究し、メディア業界・IT業界で活躍する人材を育成

メディアコミュニケーション学科の詳細ページへ

社会心理学科

 社会心理学科社会と人間の関係を探る
人間と社会に関わる問題に心理学と社会学の立場から総合的にアプローチ

社会心理学科の詳細ページへ

国際社会学科

※2021年4月開設。

社会文化システム学科

 
多様性に学び、グローバルな共生社会を創造する
 

社会学科(イブニングコース)

 社会学科(イブニングコース)社会学的な思考を身につけて社会で役立つ人材を養成
フィールドワークを通じて実証的な学問の姿勢を身につけ、21世紀の将来を予見する

社会学科(イブニングコース)の詳細ページへ

社会福祉学科(イブニングコース)

※社会学部 第2部社会福祉学科(イブニングコース)は2020年度入試をもって募集を停止しました。

 社会福祉学科(イブニングコース)福祉の問題を理解できる人材を養成
社会福祉調査と演習を重ねて様々な社会問題についての理解を深め、福祉的社会のありようを考える。

社会福祉学科(イブニングコース)の詳細ページへ

入学定員

  • 社会学科:150名
  • 社会文化システム学科:150名
  • 社会福祉学科:150名
  • メディアコミュニケーション学科:150名
  • 社会心理学科:150名
  • 国際社会学科:150名
  • 社会学科(イブニングコース):130名
  • 社会福祉学科(イブニングコース):50名

修学場所

白山キャンパス:東京都文京区白山5-28-20