MENUCLOSE

社会福祉学科教員紹介(須田 木綿子)

氏名
須田 木綿子
Yuko Suda

教授

研究室

白山校舎 : 20622室(2号館6階)

専門領域・研究テーマ

  • 高齢者ケア
  • 非営利活動・組織論

主な著書・論文

著書

  • 須田木綿子・平岡公一・森川美絵編著(2018) 『東アジアの高齢者ケア』 東信堂
  • 須田木綿子(2014)  福祉NPOの役割と課題 日本社会福祉学会事典編集委員会編『社会福祉学事典』 丸善出版:582-583.
  • 須田木綿子(2014)  論文執筆・投稿ガイドライン 日本社会福祉学会事典編集委員会編『社会福祉学事典』  丸善出版:642-643.
  • 平岡公一・武川正吾・山田昌弘・黒田浩一郎監修、須田木綿子・鎮目真人・西野理子・樫田美雄編(2013) 『研究道』 東信堂.
  • 須田木綿子(2013) アクティブ・エイジングの実際 福祉社会学会編集『福祉社会ハンドブック:現代を読み解く98の視点』 中央法規:152-153.
  • 須田木綿子(2013) 何が高齢者虐待を生み出すのか? 福祉社会学会編集『福祉社会ハンドブック:現代を読み解く98の視点』 中央法規:156-157.
  • 山手茂・米林喜男・須田木綿子編著(2013) 『園田保健社会学の形成と展開』 東信堂
  • 須田木綿子(2012)  市民社会のグローバル化:同型化と多様化のせめぎあい 副田義也・庄司洋子・武川正吾・藤村正之編『福祉社会学III:闘争性の福祉社会学・ドラマトゥルギーとして』 東京大学出版会:47-64.
  • 須田木綿子(2011) 『対人サービスの民営化:行政―営利―非営利の境界線』 東信堂
  • 日米LTCI研究会編 高橋龍太郎・須田木綿子編集代表(2010) 『 在宅介護における高齢者と家族と都市と地方の比較調査分析』 ミネルヴァ書房
  • Suda, Y. (2008) Not just an institution but also as a vision. In, A. Kelen and J. Van Til (Eds.), Gabor Hegyesi's 60 Festschrift. Javos Antal Budapest College of Management: 90-109.
  • Suda, Y. (2008) Boundary change between for-profit and nonprofit providers and Asian notion of civil society: the Long-Term Care Insurance System in Japan.
  • 新世紀社会保障制度的建構與創新 : 跨時変遷與跨国比較 台湾社会福祉学会2008年年次大会特別号: 67-97.
  • 須田木綿子(2001)『素顔のアメリカNPO:貧困と向き合った8年間』青木書店
  • Suda, Y.(2000) The Accountability Dilemma of Voluntary Organizations Providing Care for the Elderly in the U.S. and Japan. Long,O.P, ed., Practices and Policies for Later Life in Japan and the United States. Routledge: 206-228.

論文

  • Suda, Y. (2018) Changes in citizen participation in Japanese civil society. 21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター15:15-29.
  • Suda, Y. (2017) 民間サービス供給組織の広域化と地方自治体の役割. 社会政策学, 9(2): 101- 112.
  • Suda, Y. (2015) Japans’s proposition of civil society and the Japan Welfare Sociology Association.  In,”A challneg of Japan’s civils Welfare Society: Message to the world from the Japan Welfare Sociology Association.  福祉社会学研究12:134-138.
  • Suda, Y. (2014) Privatization policies and changing inter-sectoral relationships in Japan: Summary of a seven-year panel study on the Long-Term Care Insurance system. 台湾社会福利学刊, 12(1):1-34.
  • Suda, Y. (2014)  From increasing similarity to emergence of a new organizational form: Human service organizations in Japan. 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター研究年報第11号: 23-49.
  • 須田木綿子(2014)高齢者と家族介護者の精神的健康. 老年社会科学, 36(1), 34-38.
  • Suda, Y. (2014) Changing relasionships between nonprofit and for-profit human service organizations under the long-term care system in Japan.  Voluntas, 25: 1235-1261.
  • 須田木綿子(2013) 営利―非営利サービス供給組織の差異の縮小と社会福祉法人の存在意義. ソーシャルワーク研究, 39(1): 54-63.
  • Suda, Y., and Guo, B. (2011) Dynamics between Nonprofit and For-profit Providers Operating under the Long-Term Care Insurance System in Japan. Nonprofit and Voluntary Sector Quarterly, 41(1):79-106.
  • Suda, Y. (2011) For-profit and nonprofit dynamics and providers’ failures: The Long-Term Care Insurance System in Japan. Public Management Review, 13(2):21-42.
  • 須田木綿子(2010) 対抗的公共圏と高齢者をめぐる福祉的課題. 社会福祉学, 51(2):116-119.
  • Suda, Y. (2010) Depressive symptoms among and care problems for seniors in Japan. International Medical Journal, 17, Supplement(1): 19-26.
  • 須田木綿子(2010) 知の相対性が開く老年社会科学研究の可能性. 老年社会科学, 32(3): 348-352.
  • 須田木綿子(2010)アメリカ:転換期にある民間主導のフィランスロピー 大原社会問題研究所雑誌, 626: 20-27.
  • Suda, Y. (2009) Changes in Inter-governmental and Government-Private Relations under the Long-Term Care Insurance System in Japan. 台灣社會福利學刊, 8(1): 1-28.
  • 須田木綿子(2007) 日本における社会的経済研究の課題. 国際公共経済研究, 18: 146-149.
  • Suda, Y. (2006)  Devolution and Privatization Proceeded and the Centralized System Maintained: A Twisted Reality Faced by Japanese Nonprofit Organizations. Nonprofit and Voluntary Sector Quarterly, 35(3): 430-452.
  • Suda, Y., Flaherty, J.,Zdroqskey, K., Marske, C. and Morley, J (2001) Examining the effect of Intervention to Nutritional Problems of the Elderly Living in An Inner City Area: A Pilo Project. Journal of Nutritional Health and Aging, 5(2): 118-123.,

その他の活動

  • 平成23年~ 日本学術会議連携会員
  • 平成26年~ 日本老年社会科学会研究倫理委員
  • 平成28年~ 日本社会学会「国際発信強化のための特別委員会委員」
  • 平成29年~ Taiwanese Journal of Social Welfare: Editorial Advisor

所属学会

  • Association for Research on Nonprofit an Voluntary Action
  • International Society for the Third Sector Research
  • 日本社会学会
  • 福祉社会学会
  • 社会政策学会
  • 日本老年社会科学会
  • 日本社会福祉学会

学生の皆さんへ

人口の高齢化や家族、地域の変化にともなって、社会福祉も変わりつつあります。とりわけ、NPO法人や営利組織など、社会福祉の新しい担い手が登場し、それによって実際のサービス提供にはどのような影響が生じているのかに興味を持っています。今後も変化は続くでしょう。新しい時代を生き抜くために、一緒に勉強して行きましょう。