MENUCLOSE

Overseas Training of the Department of Media and Communications メディアコミュニケーション学科の海外研修

Learn overseas media circumstances through video production

Toyo University implements various overseas trainings. The purpose of the overseas training program formulated exclusively by the Department of Media and Communications is to learn about overseas media circumstances by producing videos through coverage of local media activities under the guidance of professionals of video production in collaboration with a TV station. Students are required to act with the clear mission of “coverage of overseas media circumstances, not simply experiencing life overseas with no objectives. They need to work on the pre-departure tasks with specific goals and are involved in frequent communication with local people, which gives participants a high level of satisfaction and sense of achievement. Also, participants can earn credit through this training which is regarded as a specialty course of the Faculty of Sociology.

New Zealand Training in Academic Year 2017

      写真2-1写真2-3  

Thailand Training in Academic Year 2018

 

映像制作を通して、海外のメディア事情を学ぶ

 東洋大学では様々な海外研修を実施していますが、メディアコミュニケーション学科が独自に企画する研修プログラムでは、テレビ局との連携により、映像制作のプロの指導を受け、現地のメディア関係の活動を取材してビデオ作品を制作することにより、海外のメディア事情を学ぶことを目指します。漠然と海外体験をするのではなく、「海外のメディア事情を取材する」という明確なミッションを持って活動するので、渡航前の事前学習も具体的な目標設定の下に行われ、現地の人たちとのコミュニケーション密度も高く、参加学生は高い満足度と達成感を得ることができます。また、この研修は社会学部の専門科目として単位認定されます。

2017年度ニュージーランド研修(2018年2月5日~13日)  

写真2-1写真2-3

 

2018年度タイ研修(2019年2月18日~28日)