国際社会学科バナー

国際社会学科はなにを目指すのか
A Vision of Department of Global Diversity Studies

introduction

メッセージ

国際社会学科では、フィールドワークを軸とする現場立脚型の学修と、社会学・文化人類学・地域研究に関する専門知識の習得、高度な語学教育を連繋させた、実践的なグローバル・シティズンシップ教育*のカリキュラムを提供します。このカリキュラムのもと本学科の学生は、民族、文化、宗教、ジェンダー、セクシャリティ等の多様性に学び、<ちがい>に起因する現代社会の諸問題を理解し、それら諸問題の解決に向けた<実践の知>を身につけます。卒業生は、地球規模の視野を持って、多文化共生と多様性の支援・活用を実践的に担うことのできる次世代のリーダーになることが期待されます。

*【グローバル・シティズンシップ教育
ユネスコがSDGs(持続可能な開発目標)のもとで目指すグローバルな教育のあり方です。価値観や生き方の多様性を認めあい、国際社会に参画する資質・態度を養う教育を指しています。


国際社会学科パンフレット

こちらからご覧いただくことができます。

国内外での「現場体験」を重視したグローバル・シティズンシップ教育を実践

学びの三本柱

① フィールドワークや社会貢献活動を通じたグローバル化の体験
② 社会学・文化人類学・地域研究を軸とする学問的基礎の習得
③ 国際社会と多文化共生に関する専門知識の応用と実践

 学びの三本柱

 

1年次

すべての学生は、「国際社会体験演習」に参加。
国内外のさまざまな異文化を生きる人びとと交流し、
基礎的な多文化コミュニケーション力を体得します。

国際社会体験演習

全1年生が海外 6 コース、国内 5 コースのプログラムからひとつ選びます。学生は少人数でグローバル化の現場を体験し、実習で培った問題意識をその後の学びで発展させ、さらには海外留学や長期インターンへの動機づけとします。各コースは、学科教員の専門を活かして設計 された独自のプログラムで、事前・事後学習を通じて、現場志向の学びを深めていきます。

【各コースの例】
・あるく・みる・きく多民族国家シンガポール
・ホロコーストの現場(アウシュビッツ)から考える人種差別
・タイ・バンコクの都市農園と持続可能な生活
・大阪と神戸の多彩な宗教空間から多文化共生を考える
・外国人技能実習生と考える<日本のグローバル化>

▶ 詳細はこちらからご覧ください (準備中)


2年次

次のいずれかを履修します。
① 海外での体験学習と国内サービス・ラーニングからなる「国際社会プロジェクト演習Ⅰ」
② 国内でフィールドワークや文献調査をおこなう「国際社会論演習Ⅰ」
③ 国内で社会調査をおこなう「国際社会調査実習」

国際社会プロジェクト演習

海外フィールドワークや国内ボランティア活動を通じてグローバル化を実践的に学ぶプロジェクト型学習です。2年次から履修できます。 それぞれのコースで学生は、国際社会の様々な課題を発見・解決する力、チームワーク力などの能力を実践的に身につけていきます(2年間継続履修を推奨)。

コース① 国際商品の履歴を辿る国際理解プロジェクト@インドネシア
コース② フェアトレードを通した持続可能な開発プロジェクト@ラオス
コース③ 外国にルーツをもつ子どもたちへの教育支援プロジェクト@東京・白山


▶ 詳細はこちらからご覧ください (準備中)


3年次・4年次

教員の指導のもと、「国際社会論演習Ⅱ/Ⅲ」として、
調査テーマを自ら設定してフィールドワークや文献調査を行い、
その成果を言語化して調査報告書や卒業論文(選択)として総合し、
自らの学びの集大成とします。

▶ 詳細はこちらからご覧ください (準備中)


専門科目

「地域の多様性を知る」「人々の多様性と調和を考える」「現代社会の見方を学ぶ」の
3つの科目群に分けられます。
3つの科目群を通じて学生は、世界各地の文化の多様性、
〈ちがうこと〉をめぐる現代世界の諸問題について学び、
グローバル化の社会文化的な側面を理解します。

知の基盤となる専門講義科目

知の基盤となる専門講義科目

▶ 詳細はこちらからご覧ください (準備中)


英語コースと海外留学

英語コースで学ぶ

国際社会学科には1年から4年まで、少人数制の「演習」(ゼミナール)がおかれます。そのうち1コースは英語ネイティブの専任教員が担当します。 このゼミでは英語のみをつかって“Global Diversity Studies”(国際社会論演習)を学びます。他にも英語開講科目も多く設置します。下記はその一例です。

  • Multiculturalism in a Globalizing World(グローバル化する世界の多文化主義)
  • Migration Studies(移民論)
  • Gender Studies(ジェンダー文化論)
  • Environment and Development(環境と開発)
  • Societies and Cultures in Japan(日本社会文化論)
  • Societies and Cultures in Asia(アジア社会文化論)
  • Livelihoods and Human Society(生業と人間社会)

留学や海外での個別の現場体験も推奨

本学科では、東洋大学が提供する海外での留学やインターンシップ、ボランティアに個別に参加し、異文化のなかで成長することを強く推奨します(単位認定可)。 留学には、本学の協定校(28か国・地域121校)やISEP・UMAPなどの国際的な協定加盟校への「交換留学」、上記以外の大学で学ぶ「認定留学」、語学に専念する「海外語学研修」などがあります。

詳細は本学公式ウェブサイト「国際交流/海外留学」のページをご覧ください

▶ 先輩の海外留学経験談はこちらからご覧いただけます (準備中)


「外国にルーツを持つ生徒を対象にした入試」の導入

本学科では、「外国にルーツをもつ生徒」を対象とした特別入試を導入します。外国籍(もしくは日本国籍を取得して6年以内)で、入国後の在留期間が通算9年以内の方を対象とした入試です。

詳細は本学入試情報サイト「TOYO Web Style/2021年度東洋大学入学試験情報」をご覧ください


国際社会学科のカリキュラム
Curriculum of Department of Global Diversity Studies

履修モデル

国際社会学科では、1年次から4年次まで講義科目と演習科目を組み合わせることにより、学生の関心に合わせた多様な学びを提供します。 1年次には「国際社会体験演習」を通して、社会的課題に対する関心を高めます。その後、各自の関心にしたがい、長期留学や海外インターンシップ、 国際ボランティア活動といった多様な現場体験プログラムに参加し、座学の講義を組み合わせることで、地球規模の視野を持って、 多文化共生と多様性の支援・活用を実践的に担うことのできる能力を育みます。

履修モデル


カリキュラム・マップ

カリキュラムは講義科目と演習科目に分かれます。講義科目は、入門講義である「国際社会概論」と「ダイバーシティ概論」を通して、基礎的なアカデミックスキルおよび学びの動機づけを行います。 一方、1~2年次に社会学や人類学に関連する講義が必修となります。さらに、専門講義として、世界各地の社会や文化を学ぶ「地域の多様性を知る」、移民やマイノリティ、紛争、ジェンダーを学ぶ「人びとの多様性と調和を考える」、 宗教社会学や多文化共生論、市民社会論を学ぶ「現代社会の見方」という3系統を設置しています。

 カリキュラムマップ

国際社会学科からとびたつ
Beyond the Campus: Department of Global Diversity Studies

これからの企業や行政組織は、国連SDGs(持続可能な開発目標)の軸をなす多文化共生と多様性の支援・活用に積極的に取り組むことが求められることになるでしょう。 本学科は、そうした次世代の職域に貢献できる人材の育成を目指します。卒業生は次のようなフィールドで活躍することが期待されます。

  • 多文化共生の実現を目指す国や地方の自治体(国家・地方公務員)
  • 多文化交流を推進する国際交流基金等の専門機関(国際交流コーディネータ)
  • 多様性の支援活用を推進する企業(多国籍企業の職員)
  • ダイバーシティとグローバル化を理解し次世代につなぐ教育機関(大学職員)
  • 人道支援をおこなう国際機関・NGO・NPO(国連やNGO等の職員)
  • 開発途上国の発展や多文化共生社会の確立に寄与する社会的企業(企業コンサルタント・旅行会社社員)
     

▶ 社会で活躍する先輩方の経験談をご紹介します (準備中)


国際社会学科の3つのポリシー

国際社会学科は、学科設立の理念と教育目標に基づき、ディプロマ・ポリシーに掲げられた以下の能力を習得し、かつ必要な在籍年数および履修単位数を満たした者に対し、学士(社会学)の学位を授与します。

  1. グローバル化の社会学・文化人類学・地域研究を土台として、民族・文化・宗教・ジェンダー・セクシャリティ等の人間の生き方の多様性を理解し、それらの多様性を互いに認め合い支援する能力。
  2. 国際社会と地域社会双方の差異に起因する諸問題を考究し、その解決に向けた新たな価値や方法を創出する能力。
  3. 多様性の尊重・理解・活用を理念とする共生社会を国際社会と地域社会双方の文脈をふまえて創造・確立する能力。
  4. 英語をはじめとする外国語を用いて多文化共生や多様性の支援・活用を推進する能力。
  5. 多文化共生と多様性の支援・活用に関わる制度や政策、サービスを創案、展開、実践する能力。
  6. 国内外の多文化間連繋事業を展開する民間企業や団体でリーダーシップを発揮する能力。

国際社会学科は、グローバル化の社会学・文化人類学・地域研究に関する専門知識と、国際社会に関する現場立脚型の教育を基盤として、 多文化共生と多様性の支援・活用に関する実践的な能力を体得した地球市民を養成することを目指します。人材養成の目的および学位授与方針ディプロマ・ポリシーに鑑み、 本学科の教育課程は以下の基本方針カリキュラム・ポリシーに沿って編成されます。

  1. グローバル化の社会学・文化人類学・地域研究に関する専門知識を習得させること。
  2. 英語および他の言語の学修を通じて国際社会の現場で調査研究を実施することのできる外国語コミュニケーション能力を習得させること。
  3. 世界各地の社会・文化・地域に対する高度な知識を身に付け、それらの多様性の意味を理解させること。
  4. 国際社会の現場を調査し、多文化共生と多様性の支援・活用の制度や仕組みを実践的に理解させること。
  5. 国際社会に関する文献の読解力、論理的思考力、表現力を身に付け、自ら設定した課題を解決する力を体得させること。
  6. 専門に偏らない幅広い教養を身に付けさせること。
  7. 自立した人間として社会で活躍するための知識や技能を身に付けさせること。
  8. 自らを律し他者と協働しながら国際社会と地域社会の双方に貢献することのできる力を身に付けさせること。

国際社会学科は、国内外でのフィールドワークや社会調査などを中心とする現場立脚型の教育により、持続可能な国際社会の創出に積極的に参画する素養をもった地球市民を育成することを目標に掲げます。 学生は4年間の学修で、地球全体を視野に入れて人びとの価値観や生き方の多様性を理解し、世界各地の社会・文化・地域に関する高度な知識を土台に、グローバル化が進む現代社会の諸問題を公正・寛容・共生を尊重する立場から 批判的に考究する能力を身に付けます。したがって、この目標を達成するのにふさわしい資質、基礎学力、好奇心、そしてグローバルな現場学修への参加意欲を有する次のような人物を選抜し受け入れます。

  1. 高等学校で履修する英語、国語、地理、歴史、公民等の人文・社会科学の分野において高い学力を有する学生。
  2. 論理的、批判的、創造的な思考力の基本を身に着けており、それらの能力をより高度に発展させようとする意欲を持つ学生。
  3. 世界および日本の現場で異文化と関わるフィールドワーク、社会貢献活動、国際交流、海外留学等のグローバルな学びに主体的かつ積極的に参加する意欲を持つ学生。
  4. 世界および日本における異なる言語・民族・宗教・文化・社会、ならびにそれらの国境を越える関係について強い関心と探究心を持つ学生。
  5. 現代社会を構成する多様な属性・立場の人びとから誠実かつ積極的に学ぼうとする知的好奇心を持つ学生。

取得可能な資格

社会調査士・宗教文化士・博物館学芸員


国際社会学科着任予定教員

教員名をクリックすると「東洋大学研究者情報データベース」が開きます

教員名 教員ローマ字 職位 専門分野 学びコラム(動画で見るWeb体験授業)
井沢 泰樹
(金 泰泳)
Yasuki Izawa
(Taeyoung Kim)
教授 共生社会学、人権・差別・共生論、多文化共生論
岩瀬 由佳 Yuka Iwase 教授 英語圏文学(旧イギリス領カリブ海地域の文学)
姜 英淑 Kan, Young Sook 准教授 企業福祉、企業文化
小林 正夫 Masao Kobayashi 教授 人文地理学 開発途上国の暮らしとグローバル化 ーネパールの若者が描く未来ー
ゴロウィナ クセーニヤ
Golovina Ksenia 准教授 文化人類学 
左地 亮子 Ryoko Sachi 准教授 文化人類学、ジプシー/ロマ研究 「旅する人びと」の人類学 - フランスのジプシーに学ぶノマドの知恵 -
高橋 典史 Norihito Takahashi 教授 宗教社会学 グローバル化する日本社会の宗教社会学
寺内 大左 Daisuke Terauchi 助教 インドネシア地域研究、環境社会学、国際開発農学
長津 一史 Kazufumi Nagatsu 教授 東南アジア地域研究、文化人類学 国境の越え方 – もうひとつのグローバル化を考える –
平島 みさ
(奥村 みさ)
Misa Hirashima
(Misa Okumura)
教授 文化社会学、比較社会学、比較文化論、映像文化論
三沢 伸生 Nobuo Misawa 教授 中東社会経済史 砂漠とは? – イスラーム誕生の背景 –
箕曲 在弘 Arihiro Mino 准教授 文化人類学、東南アジア地域研究 フェアトレードの文化人類学
村上 一基 Kazuki Murakami 准教授 国際社会学、都市社会学、フランス地域研究
山田 香織 Kaori Yamada  講師 ドイツ地域研究、観光人類学、ドイツ語教育

※2021年4月には上記教員のほか、新たに2名が着任予定です。