MENUCLOSE

就職活動支援紹介

生命科学部での就職・キャリア支援

みなさんは、“就活”(就職活動)と聞いて、何が思い浮かぶでしょうか。履歴書、エントリーシート、面接、インターンシップ、内定、オンライン就活といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。

大学進学を考えている高校生の皆さんにとって、就活はまだまだ縁遠いものかもしれません。または、将来についてはっきりとした目標が見えず、漠然とした不安を抱えている方もいるかもしれません。

生命科学部では皆さんが就きたい仕事、実現したい未来に向かってスタートできるように、3、4年次のみならず、1年次から学年別・段階的に様々なサポートを行っています!

このページでは、就職支援内容や、生命科学部の卒業生の就職実績、体験談などをご紹介します。

どんなところに就職しているの?

 卒業生の就職率は97.6%(2021年3月卒業生)

20213月東洋大学卒業生の就職率は97.6と、全国の大学の平均就職率と比べても高い数字を保っています。生命科学部の卒業生たちは、実際にどのような業種、企業に就職しているのでしょうか?業種別の就職実績と主な就職先を見てみましょう。
(※東洋大学学部第1部2021年3月卒業生実績)

 卒業生の進路(業種別就職先 ほか) 

生命科学の最先端を学んだ卒業生たちは、その知識や技術を生かして食品、製薬、化学、化粧品等のメーカーに進んでいるのが特徴的です。
また、約2割の学生が、生命科学分野の大学院に進学し、学部で行った専門的な研究をさらに深めています。
生命科学部では中学校・高校理科の教員免許の取得が可能で、教員採用試験に合格し、理科の先生として活躍する卒業生もいます。

 主な就職先・進学先 

生命科学科

メーカー(食品)

日本ハムファクトリー(株)

総合職

フジパン(株)

製造・生産関連職

山崎製パン(株)

製造・生産関連職

メーカー
(製薬・化学・化粧品)

科研製薬(株)

その他

長谷川香料(株)

製造・生産関連職

教育

埼玉県教育委員会

教員(中学校)

さいたま市教育委員会

教員(中学校)

新潟県教育委員会

教員(高等学校)

公務員

栃木県庁

技術職

大学院進学

東洋大学大学院

生命科学研究科

 

応用生物科学科

メーカー(食品)

第一屋製パン(株)

製造・生産関連職

フタバ食品(株)

総合職

フジパングループ本社(株)

総合職

山崎製パン(株)

製造・生産関連職

よつ葉乳業(株) 総合職

メーカー
(製薬・化学・化粧品)

水ing(株)

総合職

第一石鹸(株)

営業職

メーカー(その他)

合同酒精(株)

総合職

建設業

積水ハウス(株)

総合職

設備工事業

(株)日立プラントサービス

総合職

公務員

須坂市役所

一般事務職

大学院進学

東洋大学大学院

生命科学研究科

「総合職」とは、将来会社の経営を担っていくことを期待された、ジェネラルに活躍する職種です。
入社後は色々な業務を経験し、各部署で活躍します。一方、「製造・生産関連職」という職種も多く見られます。
生命科学部で培った、科学的な知見や技術を生かして、商品の生産に関わる品質、技術に関わる業務を担います。

 

就活に必要な対策とは

これらの進路を実現するためにはどのような対策が必要でしょうか?実際の就活の流れと併せてみていきましょう。

下の図が、2021年現在の大学生の就活スケジュール例となります。
3年生の夏ごろから本格的な準備が始まり、3月に企業からの募集が始まり、4年生の夏~秋ごろまで書類応募~面接といった選考活動が続きます。

 

 低学年(1~2年生)   

昨今では低学年からインターンシップ(企業が主催する就業体験)に参加したり、インターンシップへの参加が正社員としての早期選考に繋がったりと、早期に就活が本格化する傾向になっています。そのため、1・2年生のうちから、社会をよく知り、業界・職種について調べて、視野を広げておくことが重要です。これは、「業界研究」と呼ばれています。同時に、自分はどんな人間なのか、どんなことに向いているのか、どんなことがしたいのかなどを考えて、「なりたい自分」の軸を見つけておくと、スムースに希望の進路を探すことができます。これを、「自己分析」と言います。

 ”就活”の本格化(3年生~)

就活の本格化に向けて、3年生からは就活の各段階に向けた対策を開始します。

図で示したように、企業の選考には段階があり、企業説明会への参加から始まり、エントリーシートと呼ばれる選考書類の提出、学力や適性を測る各種テスト、筆記試験、グループで話し合いを行う様子を審査するグループディスカッション、複数回にわたる面接と、乗り越えなければならないハードルがいくつもあります。いきなり直面しても、備えが無ければ自分の本当の力は発揮できません。ですから、その一つ一つのハードルに対する対策が必要なのです。

書類や面接で学生がよく問われる質問として「自己PR」「学生時代に力を注いだこと(通称・ガクチカ」「志望動機」の3つが挙げられます。これらに応え、「私はこんなことができます!」と証明するには、学生生活で多くのことに挑戦し、経験を積み、自分をアピールできる内容を裏付けるエピソードを持っておくことが重要です。それを上手に伝える方法を学んだり、必要なマナーを身に付けたり、自分のことを企業の方に理解してもらうためのスキルも必要となります。

東洋大学では、今ご紹介したような一つ一つのハードルに対応すべく、自分のキャリアを考える授業や、授業時間外の各種対策セミナーを、学生生活の段階に応じた適切な時期に実施しています。また、個々の力を伸ばすべく、個別相談対応も手厚く行っています。


東洋大学での就職支援~生命科学部の場合~

実際に学生に対してどんな支援を行っているのか、主な就活サポート体制についてご紹介します!


 全学年対象 就職・キャリア支援室での個別相談対応

高校に進路指導室があるように、東洋大学には就職・キャリア支援室という場所があり、専門のキャリアカウンセラーが学生からの個別の相談に対応しています。
漠然とした進路についての悩みか就活の悩みまで…どんなことでも気軽に相談することができます。就活の時には、書類の添削や面接練習に対応し、個々の力を伸ばしていきます。

 全学年対象 公務員試験対策

公務員を目指す学生のため、公務員予備校から講師をお招きして個別相談を実施しています。また、各予備校での講座受講のご案内も実施しています。

 低学年~3年生へのサポート

▸学部の授業科目「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」

生命科学部では、1・2年生対象の正課の授業科目として、「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」を開講しています。

キャリアデザインⅠは1年生の春学期に開講され、毎年9割以上の学生が履修してます。希望のキャリアを実現するべく、各種ワークで自己分析を行い、これからはじまる4年間の大学生活の過ごし方を考えます。社会を知るために、外部講師による講義や社会人のマナーに関するレクチャーも行われます。

キャリアデザインⅡは2年生の秋学期に開講され、本格化するインターンシップや就活に向けて、自己分析や企業研究、OB・OGの講演などを通じてより具体的にキャリアを考えるきっかけを作ります。教員、講師、他の受講学生と意見交換を行う、双方向型の学習スタイルとなっています。

▸インターンシップ事前準備講座・社会人マナーセミナー

多くの企業はインターンシップと呼ばれる就業体験を開催しています。インターンシップへの参加は、就活が本格化する前に学生が社会に出て、業種、職種、企業について知る絶好のチャンスです。インターンシップに参加するためには、一般的には企業による参加学生の選考が行われます。実際の就活本番と同様、しっかり備えて選考に臨む必要があります。
この講座では、初めての選考突破に向けて、応募書類の作成、面接の対策など、実践的なレクチャーを行います。
さらに、社会人として必要なマナーを学ぶマナーセミナーも実施。言葉遣い、身だしなみ、電話の受け方、メールの送り方など、
基本的なマナーを身に付け自信をもって選考、インターンシップに臨みます。

 3年生後半~4年生へのサポート

▸就職活動支援セミナー(全8回)

3年生から本格的に始まる就活の動き方、実践に即した考え方、スキルを身に付け、本番で自らの力を発揮できるよう準備を進めていきます。
就活の進め方、自己PRの書き方、学生時代に力を注いだこと、業界研究、企業研究、志望動機の書き方、面接対策まで、就活を成功へと導くポイントを1つひとつ丁寧にレクチャーします。

▸業界研究・業界理解セミナー

一言で○○業界と言っても「メーカー」「商社(卸)」「小売」他、様々な形態の業種・企業が属します。
例えば、食品業界には、食品の原料を生産する企業、商品を作る食品メーカー、商品を販売店に卸している商社・卸売企業、それを販売するコンビニエンスストア、スーパーマーケット(小売業)など、数多くの企業が業界に貢献しています。
それぞれの繋がりを理解するため、1つの業界に特化した「業界理解セミナー」を開催しています。

さらに、実際に企業で就活生を採用する現場で働いていらっしゃる採用担当の方から、その企業の属する業界についてお話しいただく、「業界研究セミナー」も開催しています。
2020年度は、医療・製薬業界、食品業界など、生命科学部生の関心の高い業界を代表する企業をお招きし、オンラインセミナーを開催しました。 

▸筆記試験対策コンテンツ

多くの企業の採用選考で課される「筆記試験」についての対策をオンラインで学ぶコンテンツを配信しています。
試験の分野には国語、数学などがありますが、実は、試験の問題は、ほとんど高校までの学習内容で解けてしまうのです!
大学生には簡単なのでは?と思うかもしれませんが、限られた時間内に多くの問題数を処理することは、繰り返し練習しなければ難しいものです。
「筆記試験対策の進め方」や「新型コロナウイルスが筆記試験に与える影響」についてなどの筆記試験に関する情報や、各種試験の解説、頻出パターンの紹介などを配信しています。また、模擬テストも受験することが可能です。

▸面接・グループディスカッション対策セミナー

面接試験は自己学習のみでは十分な対処が難しいものです。本セミナーでは企業・団体の選考に備えた面接の疑似体験をしてもらい、適切なフィードバックを行います。場数を踏むことで慣れていき、自信を持って本番の面接に臨めるよう準備していきます。
 

先輩たちの“就活”

生命科学部を卒業した先輩たちのリアルな声をご紹介しています。ぜひアクセスしてみてください!

STUDENT VOICE (別サイト「TOYOWebStyle」へ移動します)

実現したい“未来”を全力でサポートします!

今はまだ、志望する大学選びで精一杯で、将来について考えるのは難しいかもしれません。大学は、学ぶ場であると同時に、なりたい自分を探す場所でもあります。生命科学部で学びたいことを学び、多くの人と出会う中で、実現したい未来を4年間で一緒に考えていきましょう。そして、希望のキャリアを実現できるように、東洋大学は全力で学生をサポートします!